1. 映画祭TOP
  2. 過去の上映作品
  3. アムネスティ映画祭 ミニ

ARCHIVE 2010

アムネスティ・フィルム・フェスティバル mini
日時 2010年3月6日(土)  開場10:30/上映11:00
会場 富士フイルム西麻布本社1Fホ-ル
(東京都港区西麻布2-26-30)
主催 社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
協賛 味の素株式会社、ミズノ株式会社、みなと環境にやさしい事業者会議
協力 富士フイルムホールディングス株式会社
上映作品 OUTFOXED ペルセポリス チチカット・フォーリーズ 100人の子供たちが 列車を待っている
その他の
プログラム
TALK EVENT(中野理恵さん、寺中誠)

アムネスティ・フィルム・フェスティバルmini

映画のワンシーン

(C) 2004 Carolina Productions, Inc.

"Fair and Balanced"「公平で均衡のとれた」というスローガンを掲げる米CATV局FOXNewsが実際には、社主の価値観に準ずるように情報操作されたアンバランスな報道によって世論を誘導していることを追及するドキュメンタリー。

映画のワンシーン

(C) 2007. 247 Films, France 3 Cinéma. All rights reserved.

半自伝的グラフィックノベルの映画化作品。イラン革命後の激動の時代、一人の少女がさまざまな抑圧にも負けずに、イスラム文化と西欧文化の間で悩みながらも逞しく成長していく。レバノンで一時、上映禁止措置が取られた。

映画のワンシーン

精神疾患をもつ受刑者のための州立刑務所・マサチューセッツ矯正院の日常を淡々と撮影した作品。刑務所からの全面的な許可を得て制作されたにもかかわらず、収監者のプライバシー保護を理由に上映が禁止され、91年にようやく許可された。

映画のワンシーン

映画を観たことがない貧困世帯の子供たちに、映画というものを教える教師アリシア。彼女の授業に子供たちは好奇心と期待で目を輝かせる。その授業風景をおった本作品は、当時の軍事政権によって21歳未満の鑑賞が禁止された。

TALK EVENT

映画のワンシーン

トークイベント対談者・中野理恵氏

中野理恵(なかのりえ)さん

パンドラ代表。映画の製作・配給と出版を業務に23年目を迎える。『ハーヴェイ・ミルク』を始め約90本を配給。商業劇場での視覚障がい者向け副音声付上映を日本で初めて実現(2002年) 。発行書籍には『いのちの女たちへーとり乱しウーマン・リブ論』(田中美津著)など。

寺中 誠

早稲田大学法学研究科博士後期課程単位取得。刑事政策論専攻。2001年4月よりアムネスティ・インターナショナル日本事務局長。東京経済大学客員教授。共著に『外国人包囲網』、『国際N G O が世界を変える』などがある。