1. 映画祭TOP
  2. 過去の上映作品
  3. 第4回 アムネスティ映画祭
  4. 線路と娼婦とサッカーボール

線路と娼婦とサッカーボール

上映作品の画像
上映作品の画像
上映作品の画像
上映作品の画像

原題:Estrellas de la L_nea
監督:チェマ・ロドリゲス
2006 年/スペイン/90 分/ドキュメンタリー
配給:アニープラネット


コーヒー輸出を主産業とする中米の小国グアテマラ。首都グアテマラ・シティのリネア(線路)と呼ばれる貧民街で、サッカーチームが結成される。メンバーは娼婦たち。さまざまな境遇からリネアに集まった彼女たちは、少ない報酬ながらも、ヒモなしでやっていけるという自由に誇りを持っている。男たちの暴力や周囲の偏見といった問題に直面しつつも、権利の回復を主張していこうとするその姿が、次第にマスコミを巻き込み、反響は国内外へ拡大していく。チームの初勝利は? そして困難を乗り越え、社会への扉を開くことはできるのか?グアテマラ社会の実態を女性という存在から切り取ったユニークなドキュメンタリー。


監督プロフィール

チェマ・ロドリゲス
映画監督、トラベル・ライター。スペイン・セビーリャ生まれ。1999年からドキュメンタリーを撮影。本作は2006年のベルリン国際映画祭観客賞受賞。近作は中南米から米国への密入国の実態を描くドキュメンタリー『Coyote(コヨーテ、密入国案内人)』(2009年)。