1. 映画祭TOP
  2. 上映作品・日程

Amnesty Film Festival 2015 第5回映画祭

上映作品・日程

※上映時間が多少遅れる可能性もございます。予めご了承ください。

1月24日(土)受付時間 10:30/開映 11:00

11:00~

(C) Courtesy of Women Make Movies, www.wmm.com
禁じられた声 [日本初公開]
政権批判の言論が厳しく制限されるキューバ、イラン、中国。当局から弾圧されながらも、インターネットを通じて真実を発信し続ける3人の女性活動家がいる。彼女たちの苦悩と闘いを描いた渾身のドキュメンタリー。
12:36
  休憩(ロビーでベトナム風サンドイッチ「バインミー」を販売)
13:30

(C)2010 Katherine Fairfax Wright
Call Me Kuchu ウガンダで、生きる [劇場未公開]
2009年、ウガンダで同性愛行為の最高刑を死刑とする法案が提出された。法案の成立を阻むため、また性的少数者の権利を求めて、ウガンダ社会と闘い続けたデイビッドとその周囲の人びとを描いた衝撃作。
15:20
【トークイベント/ゲスト:遠藤まめたさん】
「多様な性があたりまえの社会へ」
16:00

(C) 映画「SAYAMA」製作委員会
SAYAMA みえない手錠をはずすまで
「私は無実です」。1963年、埼玉県狭山市で起こった女子高生誘拐殺人事件の犯人とされ、50年以上も無実を訴え続ける石川一雄さんとそれを支え続ける妻、早智子さんの、涙と微笑みに満ちた、静かなる愛と戦いの記録。
18:05

(C) 2012 Never Sorry, LLC. All Rights Reserved
アイ・ウェイウェイは謝らない
中国の代表的な現代芸術家であり反骨の活動家であるアイ・ウェイウェイ。中国政府の厳しい監視下に置かれ、暴行や81日間の拘留を経てもなお、芸術を生み出し、ユニークな方法で政府に挑み続ける彼の素顔に迫ったドキュメンタリー。
19:36
終了予定


1月25日(日)受付時間 10:00/開映 10:30

※24日より開始時刻が30分早まります。

10:30

(C) 写真提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭
我々のものではない世界 [劇場未公開]
パレスチナ難民キャンプで育ち欧州へ移住した監督が、里帰りして撮影した映像と昔のビデオで家族の物語と難民キャンプの変容を描く。先の見えない閉塞感の中で、生活を続けざるを得ない人々の希望と絶望が胸に迫る。
12:03
  休憩(ロビーでベトナム風サンドイッチ「バインミー」を販売)
13:00
ハーフ
「ハーフ」の監督による、「ハーフ」たちの本音に迫ったドキュメンタリー。一方が外国人というカップルのもとに生まれたハーフの子どもたち。複合した文化を強く意識せざるをえない彼らが、自らと日本社会を問い直す。
14:50

(C) Paul Wright
ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW 1
[劇場未公開]

イギリスの平和活動家ブライアン・ホウを1年半にわたり記録した作品。イギリス国会前広場にテントを張り、政府の妨害に遭いながらも年中無休で反戦を叫ぶブライアンの姿に、心を動かされた仲間の輪が広がっていく。

 

16:50
【トークイベント/ゲスト:早川由美子さん】
「映画メイキング秘話・監督から聞いちゃおう!」
17:30

(C) コマプレス
60万回のトライ
夢の全国制覇をめざして猛練習にはげむ大阪朝鮮高級学校ラグビー部に、高校授業料無償化からの排除や地方自治体の補助金停止などの現実が立ちはだかる。それでも全力で駆ける彼らが目指す「ノー・サイド」とは...。
19:16
終了予定


★昼の休憩時間にロビーでベトナム風サンドイッチ「バインミー」を販売します!
※数に限りがございますのでご了承ください。協力・バインミー☆サンドイッチ
ベトナム風サンドイッチ「バインミー」

開催概要

チケット