English

  1. ホーム
  2. キャンペーン
  3. 終了キャンペーン一覧
  4. 中東・北アフリカ ~シリア最大の危機・増え続けるシリア難民~

中東・北アフリカ ~シリア最大の危機・増え続けるシリア難民~

やるべきことは山ほどある

難民キャンプでの生活を余儀なくされる人びとアレッポでクラスター爆弾の攻撃により負傷した少年

難民 200万人*
国内に残された避難民 425万人*
=625万人*(シリアの人口約2100万人[昨年推定]の3分の1)
戦争犯罪で裁かれた数 0人

(*2013年9月初旬時点での国連による推計)

動かなかった国際社会

シリアにおける人道の危機は、いま始まったことではありません。2011年3月、政治改革を求めるデモをシリア政府が武力で抑えようとして以来、情勢は悪化の一途をたどっていきました。治安部隊によって殺された人たち、当局に拘束されてそのまま「行方不明」になってしまった人たち、空爆や爆撃で犠牲になった人たち...。

アムネスティの調査員たちは、2年半にわたって繰り返し現地を訪れ、調査を続けています。被害者や犠牲者の遺族の声に耳を傾け、報告書としてまとめ、戦争犯罪と人道に対する罪を国際社会が裁くために、国際刑事裁判所への付託を国連安保理に訴え続けてきました。シリア軍であろうが反政府軍であろうが、武器を持たない市民への意図的な攻撃は許されてはならないのです。しかし、ロシアと中国は、国連安保理がシリアの状況を国際刑事裁判所に付託し戦争犯罪を捜査することを、これまで3度にわたって阻止しました。

いま、私たちにできること

シリア内戦において化学兵器の使用が国際的な問題となって以来、難民の数は200万人を超えたと推計されています。国内避難民と合わせると、その数は625万人以上。今世紀最大の人道の危機と叫ばれています。アムネスティは現在、難民支援や自国での難民受け入れをEU加盟国その他の国々に強く働きかけています。

日本政府は9月26日、国連総会で演説を行い、シリア難民の越冬対策などのため、 6000万ドル相当の追加人道支援を直ちに実施する方針を表明しました。しかし、まだやるべきことは多く残されています。住む家を追われた人びとの苦しみを和らげ、殺された人びとの正義を実現するために、あなたの力を貸してください。

アムネスティ日本が日本政府に求めること

  • シリア難民が必要な保護を受けられるよう、シリア近隣諸国への支援を十分に行うこと
  • 人道支援が難民および国内避難民に、妨害なく平等に届くよう、シリア政府と反政府勢力に要請すること
  • 国連および国際NGOによる人権調査団がシリア国内で妨害なく調査できるよう、シリア政府と反政府勢力に要請すること
  • 化学兵器の使用も含め、シリアにおける事態を国際刑事裁判所に付託するよう、あらゆる外交ルートを使って国連安保理常任理事国に働きかけること

終了したオンラインアクション

▽ 最悪の人道危機からシリア難民を救え

現在、シリア情勢は悪化の一途をたどり、9月初旬の時点で難民が200万人を突破、国内避難民も500万人と推計されています。命からがら逃れてきた人びとを救うことが、今、何よりも求められています。一緒に声をあげてください。

写真:ザータリ難民キャンプ。115,000人のシリア人が生活を余儀なくされている。

シリアの最新ニュース

アムネスティの現地調査員によるレポート(PDF)

日本語

英語

現地調査員のブログなどをFacebookで公開中

スウェーデンがシリアからの難民受け入れを発表(2013.09.09)

国際連合は、この24時間で国連がシリアからの避難民の数が2百万人を突破したと報じ、スウェーデンの移民局がシリアからスウェーデンに庇護を求める人びとには永住権を与えるとの声明を出した。

「ICCに事態を付託」ってどういうこと?

国際刑事裁判所(ICC)は、「戦争犯罪」「人道に対する罪」など、最も重大な犯罪を犯した個人を処罰するために設立された、常設の国際刑事法廷です。裁判所はオランダのハーグに置かれています。ICC の役割は、あくまで各国の国内刑事司法制度を「補完」すること。関係国が被疑者の捜査・訴追を行う能力や意思がない場合のみ、管轄権が認められます。ICC に「事態を付託」するということは、簡単に言うとICC に「事態の解決を委ねる」ということです。ただし、事態を付託できるのは、ICCの締約国または国連安保理に限られます。今回の場合、シリアは締約国ではないため、事態を付託できるのは国連安保理のみ。しかし、常任理事国のロシアと中国の消極的な動きにより、事態を付託するための決議を通すことができずにいます。そのため、国連安保理は「機能不全に陥っている」という批判を国際社会から受けています。


アムネスティの活動を支えて下さい

アムネスティは、シリアに現地調査員を派遣、独自の調査のもと、各国政府への要請や提言、国際的な草の根アクションを行っています。こうした活動を続けるために、あなたの支援が必要です。

寄付をする 定期的なご寄付「ヒューマンライツ・サポーター」と、
いつでもできるご寄付の2種類からお選びいただけます。

DCカード、VISAカード、Masterカード、JCBカード、AMERICAN EXPRESSカードがご利用いただけます
ウェブサイトからのお申し込みは、クレジットカードが必要です。

郵便局口座振込

郵便局からのお振込みもご利用いただけます。
郵便局備え付けの払込取扱票の通信欄にお名前、ご住所をご記入の上、下記の振込先にお振込みください。

口座番号:00120-9-133251
加入者名:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

資料を請求する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ