English

  1. ホーム
  2. キャンペーン
  3. 終了キャンペーン一覧
  4. ソチ五輪:めざせ!人権の金メダル

ソチ五輪:めざせ!人権の金メダル

ソチ五輪:めざせ!人権の金メダル

このキャンペーンは終了しました。2014年1月、アムネスティの国際代表団が、表現の自由を求める要請書を手渡すためにモスクワの大統領府を訪ねました。今回提出されたアムネスティの要請書には、世界112カ国、33万人以上が賛同し、署名しました。その中には 、日本からの賛同者1,834人も含まれています。

2014年2月7日から、ロシアのソチにおいて冬季五輪が開催されます。華やかな開会式、メダルを競い合う選手たちの活躍に、世界中が注目することでしょう。

その一方で、悪化し続けるロシアの人権状況が暗い影を落としています。プーチン大統領は、政府の政策を批判する人びとやNGOを弾圧したりする法律や差別を助長する法律を相次いで成立させ、プーチンが再び大統領になってから投獄された人は数千にものぼります。

五輪の基本精神は「人間の尊厳」と「普遍的・基本的・倫理的諸原則」の尊重です。ロシア政府には、ソチ五輪の成功だけでなく、ロシア市民が渇望する自由を保障する取り組みが強く求められているのです。

ロシアで今、何が起こっているの?

【平和的な抗議行動を弾圧:4000人を拘束】

警察棒で殴られるデモに参加した一般市民。2012年5月、モスクワ警察棒で殴られるデモに参加した一般市民。2012年5月、モスクワ

2011年末の連邦議会議員選挙から2012年の大統領選挙、大統領就任にかけ、不正な選挙への抗議や公正な選挙を訴える集会が各地で開催されました。沈静化に警察が出動し、2012年だけで4000人近い人が拘束されました。2012年には街頭集会に関する法律が改悪され、2013年前半だけで600人以上が拘束されています。デモ主催者には重い罰金が科され、政府に批判的とみなされた団体の集会は許可が下りないか、時間や場所を当局に都合よく変えさせられます。

【NGO=外国政府の手先?NGOへの弾圧】

2012年に施行された「外国エージェント法」によって、国外から助成金を受けて「政治活動」に携わっているとみなされたNGOは、「外国機関」として登録することを義務付けられました。登録が必要なNGOの判断基準はあいまいで、登録をしないと罰金等の処罰を受けます。アムネスティを含む1000団体以上がこれまでに査察を受け、複数のNGOが高額の罰金を科されました。この法の下、政府の都合によってNGOが閉鎖されたり、スタッフが最高2年の禁錮刑を言い渡される危険があります。

【増える同性愛嫌悪の暴力】

ロシア政府はこれまでも、プライド・イベントの弾圧など、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人びとの表現の自由や活動を妨害してきました。2013年6月には、LGBTIの人びとへの差別と暴力を助長する法律を導入し、政治家らによるヘイトスピーチも絶えません。こうした中、ロシア各地でLGBTIの人びとへの暴力が増加しています。

【神への冒涜?プーチン大統領を批判する歌で2年の禁錮刑】

プーチン大統領を批判する歌を歌ったために拘束された、パンクバンドプッシー・ライオットのメンバープーチン大統領を批判する歌を歌ったために拘束された、パンクバンドプッシー・ライオットのメンバー

「神への冒涜的な言動」が、新たに刑事罰の対象となりました。これは、2012年2月に女性パンクバンドのプッシー・ライオットが、モスクワの教会でプーチン大統領を批判する歌を歌ったことが直接のきっかけです。ナジェージダ・トロコンニコワさん、マリア・アリョーヒナさん、エカテリーナ・サムツェビッチさんの3人が逮捕され、「宗教的嫌悪によるフーリガン行為」の容疑で禁錮2年の判決が下されました。

【五輪憲章も都合よく解釈】

2013年8月、ソチと近隣都市での会合や集会、デモを禁止する大統領令が施行されました。五輪憲章は、競技開催場所での政治的な抗議行動を制限するよう要請していますが、今回の大統領令はその要請を超えて政府に都合のいいよう広範に適用される可能性があります。

【北コーカサスで続く強制失踪や活動家への脅迫】

人権擁護活動家、スタニスラフ・マルケロフ弁護士。モスクワ中心部で銃で撃たれ死亡人権擁護活動家、スタニスラフ・マルケロフ弁護士。モスクワ中心部で銃で撃たれ死亡

ソチに近い北コーカサスのチェチェンやイングーシなどでは、武装グループに対する治安作戦の中で、強制失踪など深刻な人権侵害が起き続けています。また、ジャーナリストや人権活動家、弁護士などへの嫌がらせや脅迫、暗殺も報告されています。

終了したアクション

ロシアへ愛を込めて:表現の自由を危機から救え  >

2013年12月4日から2014年1月27日までオンライン署名を実施しました。
 

関連の最新ニュース


アムネスティの活動を支えて下さい

アムネスティは、独自の調査のもと、各国政府への要請や提言、国際的な草の根アクションを行っています。こうした活動を続けるために、あなたの支援が必要です。

寄付をする 定期的なご寄付「ヒューマンライツ・サポーター」と、
いつでもできるご寄付の2種類からお選びいただけます。

DCカード、VISAカード、Masterカード、JCBカード、AMERICAN EXPRESSカードがご利用いただけます
ウェブサイトからのお申し込みは、クレジットカードが必要です。

郵便局口座振込

郵便局からのお振込みもご利用いただけます。
郵便局備え付けの払込取扱票の通信欄にお名前、ご住所をご記入の上、下記の振込先にお振込みください。

口座番号:00120-9-133251
加入者名:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

資料を請求する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ