English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 一緒に活動する
  4. チーム
  5. ビルマチーム

ビルマチーム

1カ月に1度を目安にミーティングを開催し、ビルマ(ミャンマー)に関する最新情報などをチーム内で共有、また、メディアにも情報を提供しています。

また、在日ビルマ人や他団体と協力し、ビルマ現政権に対し人権侵害を直ちに止めるよう求める活動への参加や、外務省との意見交換会の開催、日本の国会議員に向けたロビー活動を行っています。ビルマの人権状況をまとめた報告書を出版したり、一般に向けてビルマ情勢に関するセミナーを開催したりすることもあります。

今、こんな活動に取り組んでいます

現在、大きな転換点をむかえているビルマ情勢についての情報を常日頃から収集し、メディアを含む外部へその情報を提供しています。ビルマ民主化のために活動されている在日ビルマ人の方々との連携もとっています。

その他、ビルマを専門とする研究者やジャーナリストに講演を依頼したり、ビルマに関する映画の上映会を開催したりするなど、ビルマのことをより多くの人たちに知っていただくための活動もしています。また、在日ビルマ人を招いてのセミナーや講演会、もしくは海外在住のビルマ人を招聘するといった、生の声を多くの方に届ける機会を作っていこうと考えています。

アムネスティをはじめとする国際社会の取り組みの結果、政治囚をめぐる状況については近年、大きな改善が見られ、アウンサンスーチー氏の自宅軟禁解除(2010年11月)を皮切りに、政治囚の大量釈放が実現しました。しかし、2013年6月、テインセイン大統領は「良心の囚人は全員間もなく解放される」と発言しているにもかかわらず、総選挙が行われる予定の2015年に入ってもすべての良心の囚人は釈放されていません。

アムネスティは、2015年秋の総選挙が行われる前までに、すべての良心の囚人を無条件に釈放することを要求していきます。

これまでの成果

ビルマチームは、日本社会、マスコミ・メディアをはじめ、日本政府、国会議員等にビルマの人権状況に関する情報を提供し、注意を喚起してきました。

数多いビルマの人権問題の中で、アウンサンスーチー氏をはじめとする多数の政治囚の存在や、少数民族市民に対する過酷な虐待(強制労働や恣意的殺害など)を特に重大な問題として指摘してきました。

また、2013年5月のアウンサンスーチー氏の来日の際に、アムネスティ日本は他団体とともにスーチー氏と対話する機会を得ました。ビルマチームからも代表として1名、立ち会いました。(報告を読む

さらに、アムネスティで長らく良心の囚人として釈放を要求し、2010年から2012年の間に行われた一連の恩赦で釈放されたミンコーナイン氏が2014年12月に来日し、アムネスティ日本事務所で対話する機会を得られました。(報告を読む

関連ニュース

最新アクション

チームの写真

定例ミーティングの予定

ミーティング・カレンダー

メンバー募集中(連絡先)

aij.burma@gmail.com

リーダーからの一言

一口に「ビルマチーム」と言っても、いろんなメンバーがおり、ビルマとの関わりも各人それぞれ。ひょんなことからビルマのことを知り始めたばかり、な人から、人生毎日ビルマにどっぷり浸かってまっせ!という人まで、十人十色。活動も多種多様で、単にビルマ料理を食べに行ったりもあれば、外務省や国会議員と意見交換なんて「硬派」な事もやってます。ぜひ一度、覗きに来てください。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ