English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 一緒に活動する
  4. チーム
  5. キャンペーンチーム

キャンペーンチーム

アムネスティが世界共通で展開する国際キャンペーンを、日本国内でより多くの人に知ってもらえるよう、広く伝える活動を行っています。

講演会を企画・実施したり、アースデーなどのイベントに出展し署名を集めたりしています。また、世界で起きている人権侵害をよりよく伝えるため、チーム内で勉強会を開催することもあります。おもに東京を拠点に、2週間に一度、ミーティングを開いています。会社員や学生のメンバーが中心となって、それぞれのアイデアを出し合いながら意欲的に活動しています。

今、こんな活動に取り組んでいます

2012年は、特に「取調べの可視化」のキャンペーンに力を入れています。 現在行なわれている取調べの問題点は何なのか、なぜ取調べの録音・録画が必要なのかを、初めてこの問題に取り組む人にもわかりやすく伝えることが私たちの目標です。そこで、取調べの可視化の問題をさまざまな観点から捉えた、連続セミナー(全4回)を企画し、実施しています。難しく思われがちな人権問題を身近に感じてもらえるよう、セミナーのタイトルや内容にも工夫しています。

これまでの成果

  • 2009年6月3日、天安門事件20年目を迎えるにあたり、中国大使館前でアクションを展開。天安門事件の犠牲者遺族の会へエールと連帯の手紙を送り、事件についての公正で独立した調査などを求める要請文を大使館前で読み上げた。約1680筆の署名を大使館に届けた。
  • 2009年、オバマ大統領就任を機に、グアンタナモ収容所やレンディション(国家間秘密移送)の問題を取り上げ、リーフレットの作成及び、グアンタナモ収容所閉鎖を求める顔署名を、ホワイトハウスに送った。
  • 2年に一度行われているスピーキングツアーの企画、実施。2011年は、ビルマ(ミャンマー)とナイジェリアからゲストを招き、全国10カ所でツアーを展開。

team_campaign.jpg

定例ミーティングの予定

ミーティング・カレンダー

現在メンバー募集はしておりません

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ