English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 一緒に活動する
  4. チーム
  5. 「慰安婦」問題チーム

「慰安婦」問題チーム

アムネスティは、旧日本軍により性奴隷として働かされたアジア各国の女性たちを、戦時下での深刻な人権侵害の犠牲者だと考えています。「慰安婦」問題チームは、日本政府が一刻も早く、この問題を立法によって解決するよう、働きかける活動をしています。

今、こんな活動に取り組んでいます

今後、予定している活動としては、映画「終わらない戦争」の上映会や戸塚悦朗さんの講演会の開催などがあります。

また、国会と地方議会議員へのロビー活動、労組への働きかけなども計画しています。

「慰安婦」問題は、被害者が生存中に解決しなければらない問題です。これまでと同様、意欲的な活動を継続する予定です。

これまでの成果

  • チームのメンバーが住んでいる、議会への要請行動やロビー活動、また、市民啓発のための講演会、シンポジウム、映画上映会などの開催
  • アムネスティ日本も加盟団体になっている日本軍「慰安婦」問題解決全国行動2010や戦時性暴力問題連絡協議会との共同行動
  • 在日の「慰安婦」被害者の宋神道さんを招いての集会を開催
  • 2011年11月26日:映画「オレの心は負けてない」上映と宋神道さんと川田文子さんの対談
  • 2011年11月27日:女性に対する暴力撤廃国際デー記念シンポジウム in 京都
  • 京都で開催された、第15回ILOアジア太平洋地域会議にシンポジウムで採択された声明文と要請書を提出
  • 16日間+4日間のアクションとして、野田首相へ要請ハガキを送る活動を実施
  • 2011年12月14日の1000回水曜デモの連帯行動(東京、大阪、京都、小倉)

活動報告

team_ianfu.jpg

定例ミーティングの予定

ミーティング・カレンダー

メンバー募集中(連絡先)

aiianfuinfo@yahoo.co.jp

リーダーからの一言

「慰安婦」問題チームの会員は、関西が中心ですが、居住地域は多岐にわたっています。各自が住んでいる地域で、アムネスティ外の個人や団体と協力しながら活動を行っていますので、関西以外にお住いの方でも、自分一人で活動をつくっていくモチベーションがあれば、いつでも活動にご参加ください。「慰安婦」問題にアムネスティ日本の会員の関心が薄いのが気になっています。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ