English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【兵庫】映画「蟻の兵隊」上映と池谷薫監督のトーク

【兵庫】映画「蟻の兵隊」上映と池谷薫監督のトーク

2/17

土曜日

13:30 ~

開催地:
近畿地方(大阪除)
イベント種別:
上映会
イベント期間:
2018年2月17日(土) 13:30~17:00(開場13:00)
  • 要事前申込

戦争がいかに人間の尊厳を破壊しつくすかを如実に物語る

「私たちは上官の命令に従い、蟻のようにただ黙々と戦った―。」
終戦直後の山西省で何が起こっていたのか?


"日本軍山西省残留問題"の真相を解明しようと孤軍奮闘する奥村和一氏の姿を追った衝撃のドキュメンタリー。

【背景】
中国山西省で終戦を迎えた北支派遣軍第1軍の将兵2,600人は、武装解除を受けることなく残留。国民党軍の部隊として、戦後4年間共産党軍と戦い、550人が戦死した。生き残った者も700人以上が捕虜となり、ようやく引揚げることができたのは、日本が高度経済成長に突入しようとする昭和30年頃のことだった。"軍の命令で残った"と主張する元兵士らは"志願による残留"とみなされ、戦後補償に応じない国を訴え続けている。

第1軍司令部軍司令官によって行われたという歴史上類を見ない"売軍行為"は、多くの日本人にとって知られることの無いまま、第二次世界大戦の記憶の風化と共に歴史の闇に葬られようとしている。本作は、戦争の被害者でもあり加害者でもあるひとりの老人・奥村和一が、"日本軍山西省残留問題"の真相を解明しようと孤軍奮闘する姿を追った衝撃のドキュメンタリーである。奥村氏の体には、未だ無数の砲弾の破片が残り、左耳の聴力と全ての歯が失われている。しかし彼は、戦争によりそれ以上のものを奪われた。"初年兵教育"の名の下に、"肝試し"と称してなされた中国人の虐殺を巡るエピソードは、戦争がいかに人間の尊厳を破壊しつくすかを如実に物語っている。真実を見極めようとする奥村氏の中国への旅は、この問題自体を黙殺しようとする国家に対する戦いと、侵略戦争の加害者としての贖罪という二重の意味に彩られる。これまで妻にさえ語ることのなかった自らの戦争体験を明らかにすることで、彼にとっての戦争に決着をつける道を見出す奥村氏の姿は、戦争責任を省みることなく、総括することもせずに歩んで来たこの国の歪んだ像を際立たせる。

【映画祭正式招待】
(2006年) メルボルン国際映画祭/カナダ国際ドキュメンタリー映画祭/アジアフォーカス福岡映画祭/長岡アジア映画祭/KAWASAKI しんゆり映画祭/さらば戦争!映画祭/(2007年) 山形国際ドキュメンタリー映画祭/高崎映画祭/あいち平和映画祭/(2008年) 全州国際映画祭

【監督:池谷薫】
テレビ・ドキュメンタリーのディレクターとして数多くの作品を手がけ、モンテカルロ国際テレビ祭ゴールデンニンフ賞受賞などの経歴をもつ。『延安の娘』に代表されるように、中国での取材活動を積極的に行っている。資金の一部を全国の有志からのカンパで補い完成した本作は、試写を見て感銘を受けたボランティアの活動の甲斐あって、全国各地で上映され、その波紋の輪を静かに広げている。

●受賞歴:(2006年)香港国際映画祭 人道に関する優秀映画賞/キネマ旬報ベストテン 文化映画部門第2位/日本映画ペンクラブベストファイブ 文化映画部門第1位/平和・協同ジャーナリスト基金賞 奨励賞/(2007年)フルフレーム・ドキュメンタリー映画祭 CDS映画製作者賞/日本映画復興賞

日時

映画上映&トーク:2018年2月17日 (土) 13:30~17:00(開場13:00)
池谷監督を囲んでの懇親会:同日18:00~

場所

映画上映&トーク:神戸芸術センター シューマンホール (新神戸駅から徒歩5分)
※池谷監督を囲んでの懇親会の場所は未定

参加費

映画上映&トーク:1,000円
池谷監督を囲んでの懇親会:2,500円(アルコール代は別途)

主催・お申し込み・お問い合わせ

公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 関西連絡会
大阪事務所 TEL:06-6227-8991 FAX:06-6227-8992 E-mail:osaka@amnesty.or.jp
(平日13:00~18:00、月・土・日・祝日休) 

※池谷監督を囲んでの懇親会のお申し込みは2月7日 (水)まで

イベントに参加する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ