English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. ハガキ(手紙)を書く
  4. 世界の仲間と一緒に手紙を書いて世界を変えよう!「ライティングマラソン2017」

世界の仲間と一緒に手紙を書いて世界を変えよう!「ライティングマラソン2017」

ライティングマラソン2017は終了しました。
たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

「ライティングマラソン」は、12月10日の「世界人権デー」の周辺に、世界中で一斉に手紙書きを行う、アムネスティ最大の人権イベントです。

マラソンといっても走るわけではなく、手紙書き(ライティング)を長時間にわたって行うことから、この名前が付けられました。

ライティングマラソン2017

今、世界中でたくさんの人の自由が脅かされています。ある国では、人権を守ろうと声を上げただけで投獄され、拷問などの暴力を受け、最悪の場合は殺害されてしまう人もいます。「ライティングマラソン」では毎年10のケースを選び、当該政府や当局に対し、人権侵害の改善を求める手紙を書きます。

支援者からの手紙を読むイェセニア・アルメンタさん支援者からの手紙を読むイェセニアさん。メキシコ警察によって不当に逮捕、投獄されていた。手紙などの働きかけにより2016年に釈放された

また、人権侵害の被害者には「あなたは一人ではないよ、世界中が応援しているよ」と、一緒に闘っていることを伝える応援メッセージを送ります。監獄の暗闇の中で不安におびえている人たちにとって、励ましや応援のメッセージは、希望の光になっています。

昨年のライティングマラソンでは、世界で466万通、日本でも全国30カ所で手紙を書くイベントを行い、オンラインでの参加者も含めて9,600通のメッセージが政府や被害者に届けられました。一人ひとりの力は小さくても、集まった手紙は大きな力となり、取り組んだ、およそ4割のケースで改善がもたらされています。

手紙書きは簡単!今すぐ参加できます!

「ライティングマラソン」では、10のケースを取り上げ、人権侵害の状況を詳しく紹介しています。すべてのケースについて手紙を書いてもよし、時間のない方は、特に気になるケースを選んで手紙を書いてください。どうしても時間がない人は、この後紹介する「2分でできる!オンライン署名」にご参加ください。

一人で書くのは不安、という人は、ぜひ友人や同僚を誘ってみてください。学校や職場近くのカフェなどで一緒に手紙を書くという人も、たくさんいます!また、アムネスティでは会員が中心となり、全国約20カ所以上で手紙書きのイベントを行っています。ぜひ、お近くの会場に足をお運びください。

全国28カ所で「手紙書き」を実施!

全国28カ所(2017.11.30現在)で手紙書きのイベントを開催します。お近くの会場に、ぜひ、足をお運びください。

2分でできる!オンライン署名

世界中の仲間と手紙を書こう!行方不明の夫を探して逮捕されたエジプトの女性を助けて!

2013年7月、ハナンさんの夫が行方不明に。エジプトでは、警察や治安機関に連れ去られ、そのまま行方不明になっている人が何百人もおり、彼女の夫もその被害者だ。真相を明らかにしようと活動するハナンさんは、根拠のない容疑をかけられ、逮捕・起訴されている。
世界中の仲間と手紙を書こう!チャド:フェイスブックで政府を批判して終身刑の危機

マハディンさんは政府の汚職や公金の不正使用を告発する内容の動画をFacebookに投稿したために逮捕された。現在、国家の安全保障を脅かしたなどの罪に問われ、終身刑を受ける恐れがある。チャド政府に対し、マハディンさんを直ちに釈放するよう要請を!

あなたの手紙が命を救う!

ピョー・ピョー・アウンさん (ミャンマー)

ピョー・ピョー・アウンさん(ミャンマー)

「手紙は、本当に私に勇気を与えてくれました。私、そして私たちの運動に手を差し伸べてくださった皆さんに、心から感謝します。皆さんからの手紙は単なる手紙ではありません。私たち活動家に対するのみならず、ビルマの将来に向けての大きな贈り物でもあり、偉大な力でもあるのです」

アルバート・ウッドフォックスさん (米国)

アルバート・ウッドフォックスさん(米国)

「長い間、私たちを支えてくれた家族や友人、そして世界中のみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。みんながいなければ、この闘いを耐え抜くことはできなかったでしょう。本当にありがとう。」

イェセニア・アルメンタさん (メキシコ)

イェセニア・アルメンタさん(メキシコ)

「今はいろんな感情が生まれてきています。とても嬉しいです。私をご支援くださったたくさんの方に、感謝の気持ちを伝えたいです」

モーゼス・アカトゥグバさん (ナイジェリア)

モーゼス・アカトゥグバさん(ナイジェリア)

「皆さんの手紙が届いた時に非常に嬉しく思いました。皆さんのお蔭で刑務所にいたつらい時間を乗り越えることができました。アムネスティのサポーターは私のヒーローです」

2017年に取り組む10のケース

手紙の書き方や宛先などの詳細は、PDFをご覧ください。(印刷する場合、A4サイズで両面印刷して半分に折って使うと節約できます。)

バングラデシュ, ジュルハス・マナン

バングラデシュ:ジュルハス・マナン

2016年4月、マナンさんは自宅で同僚といたところを、突然押し入ってきた複数の男にオノで襲われ、同僚とともに殺害された。彼はバングラデシュで唯一のLGBTIQの雑誌を発行していた。監視カメラの映像や目撃証言があるにもかかわらず、犯人は捕まっていない。

PDFはこちらEnglish

チャド, マハディーン

チャド:マハディーン

マハディーンさんは、チャド政権を批判する動画をフェイスブックに投稿した後、拉致され、数週間拘束され暴行を受けた。終身刑を受けるおそれがある。また、刑務所で結核に感染したため、すぐにでも入院する必要がある。表現の自由を奪う権利は誰にもない。

PDFはこちらEnglish

中国, 倪玉蘭(Ni Yulan)

中国:倪玉蘭(Ni Yulan)

倪玉蘭さんは、居住の権利を擁護する活動をしており、建設プロジェクトで自宅を追われた人たちを支援している。そのために当局から、監視や逮捕、強制立ち退きなどの嫌がらせを繰り返し受け続け、あげく激しい暴行により、車椅子での生活を余儀なくされた。

PDFはこちらEnglish

エジプト, ハナン・バドル・エルディン

エジプト:ハナン・バドル・エルディン

2013年7月、ハナンさんの夫が行方不明に。エジプトでは、警察や治安機関に連れ去られ、そのまま行方不明になっている人が何百人もおり、彼女の夫もその被害者だ。真相を明らかにしようと活動するハナンさんは、根拠のない容疑をかけられ、逮捕・起訴されている。

PDFはこちらEnglish

フィンランド, サクリス・クピラ

フィンランド:サクリス・クピラ

クピラさんは、性自認は男性だが法的には女性である。法的に性別を変更するためには、精神疾患患者で不妊と診断されなければならず、この屈辱的な扱いに抗議し法律の改正を求めている。この闘いの中、クピラさんは脅迫とあからさまな嫌がらせを受けている。

PDFはこちらEnglish

ホンジュラス, MILPAH先住民運動

ホンジュラス:MILPAH先住民運動

先住民レンカの人びとにとって土地は自分たちの命そのものである。自分たちが大切にしてきた自然環境を守るため、水力発電や鉱業などの大企業や関係機関など巨大組織に真正面から勇敢に立ち向かっている。誹謗中傷や脅迫、さらに襲撃などにも怯まない。

PDFはこちらEnglish

イスラエル/パレスチナ占領地域,ファリードとイッサ

イスラエル/パレスチナ占領地域:ファリードとイッサ

イスラエルがパレスチナの土地を50年間も占領するイスラエル入植地は犯罪であり、終わらせたいと考えてきた2人は、イスラエル兵士や入植者からの絶え間ない圧力にも非暴力で勇敢に立ち向かってきた。2016年2月、抗議行動に参加し平和的にデモをしたが逮捕され起訴された。

PDFはこちらEnglish

ジャマイカ, シャキーリア・ジャクソン

ジャマイカ:シャキーリア・ジャクソン
 

弟が警官の銃の犠牲になり、その警官に罪を償わせるために先頭に立って、進まない裁判で闘っている。彼女は同じように家族が殺された10数家族に呼びかけて、闘いの先頭に立ってきた。その行動が気に入らない警察は、彼女の町の住民に執拗な嫌がらせをしている。

PDFはこちらEnglish

マダガスカル, クロヴィス・ラザフィマララ

マダガスカル:クロヴィス・ラザフィマララ

マダガスカルでは熱帯雨林が消えつつある。クロヴィスさんは、その熱帯雨林を保護する活動をしたために密輸業者などから脅迫を受けている。また、彼はでっち上げの容疑で有罪となった。この活動を続ける限り、いつでも投獄される可能性がある。

PDFはこちらEnglish

トルコ, タネルとイスタンブール10

トルコ:タネルとイスタンブール10

トルコで人権擁護の活動をしている11人が立て続けに逮捕、起訴された。トルコでは、昨年7月のクーデター未遂事件以来、自由への弾圧が激しくなり、15万人以上が取り調べを受けてきた。当局は、人権に携わる人たちの口を封じようとしている。

PDFはこちらEnglish

ブログ、ツイッターで情報を受け取る

・ もっと詳しい内容についてはブログをご覧ください。いろんな資料があります。
・ ツイッターで情報を受け取りたい方はこちら

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ