English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. シリア: シリアの少年、出廷せず 安否不明

シリア:
シリアの少年、出廷せず 安否不明

最新情報:
2013年7月23日
国名:
シリア
対象者:
アーメド・イスマエル・アル=アッカド(男性)
期限:
2013年9月30日
配信日:
2013年7月23日
UA No:
106/2013

シリアのアーメド・イスマエル・アル=アッカドさん(16歳)は6月半ばに少年刑事裁判所に出廷するはずであったが、姿を見せなかった。現在、所在は不明である。逮捕された2012年11月20日以来彼はずっと監禁されている。

ダマスカスのアル・ミダン地区に住むアーメド・イスマエル・アル=アッカドさんは、同地区を政府機関が急襲した際に逮捕された。家族は、彼がどこに連行されたか分からなかったが、約40日後、彼からのメモを受け取った。そのメモは、釈放された人が密かに持ち出したようだが、軍部情報機関が管理するダマスカス拘置所のパレスチナ支所に監禁されていることが記されていた。そのメモはまた、喘息の治療薬を服用出来ず、また拘置所がすし詰め状態で湿気が多いために、健康状態が悪化しているとあった。

現地からの情報によると、アーメド・イスマエル・アル=アッカドさんは「テロリスト」を支援し、彼等と接触をした容疑で起訴されている。反テロ法廷の調査判事はダマスカスの少年刑事裁判所に送ることを6月12日に決めた。そのために、彼は2日以内に裁判所に姿を現すだろうと思われていたが、いまだに出廷していない。彼は軍部情報機関の支所に拘置されていると思われるが、所在は確認されていない。

もっと読む

追加情報

アーメド・イスマエル・アル=アッカドさんは、首都ダマスカスでスンニ派が多いアル・ミダン地区に住んでいる。シリアの人権組織によると逮捕された頃は、アル=タダモンおよびアル=ハジャール・アル=アスワッド地区に居住する武装反政府グループとシリア政府軍との間で激しい戦いがあった。アル=ハジャール・アル=アスワッド地区は、彼が逮捕される前の日にも政府軍によって砲撃を受けていた。

アムネスティは、シリア国内での混乱が始まって以来、シリアの治安軍によって拘置されている間に死亡したと思われる1000人(2012年だけで、500人が死亡している)を超える人びとがいることを確認している。アムネスティはこの実態を2011年8月に次の文書としてまとめ発行した (Deadly detention: Deaths in custody amid popular protest in Syria)。

そこで明らかにした人権侵害の大部分が政府軍と政府側の民兵組織シャビハによって行なわれたものだが、反政府武装グループによっても人権侵害が行なわれている。

これらの人権侵害には、捕らえられた政府治安軍および民兵組織シャビハメンバーに対する拷問および殺害が含まれている。同様に、政府及び政府軍を支援したり、彼等のために働いた、あるいはその疑いがある人びとの殺害や拉致も含まれている。また、捕虜交換交渉のための人質として市民を連行するといったことも含まれる。アムネスティはそのような人権侵害をいかなる場合も認めず、反政府武装グループのリーダーたちに対し、人権侵害は許されないことを公に表明し、配下の反政府武装グループに直ちに止めさせるように要請した。

アクションしてください。

アラビア語、英語、あるいはあなたの母国語で以下のアピール文を作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、ファックス、eメールなどで、できるだけ早く, 8月22日までに送付してください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • アーメド・イスマエル・アル=アッカドの所在を明らかにすること、家族と弁護士が直ちに面会できるようにすること、彼を拷問と他の虐待から保護すること、喘息治療薬など必要とする治療を与えることを、当局に要請する。
  • 少年裁判に関する原則など、子どもの権利条約に定められている人権基準にしたがって、処遇することを当局に要請する。

宛先
大統領
President
Bashar al-Assad
(ファックスが唯一のコミュニケーション手段です。手紙は出さないでください)
ファックス: +963 11 332 3410 (繋がりにくいですが、何度も試みてください。また、相手が電話口に出た場合は「ファックス」といい続けてください)
書き出し: Your Excellency

国防大臣
Minister of Defence
Brigadier General Fahd Jassem al-Freij
(ファックスが唯一のコミュニケーション手段です。手紙は出さないでください)
ファックス: +963 11 223 7842, または、+963 11 666 2460(繋がりにくいですが、何度も試みてください。また、相手が電話口に出た場合は「ファックス」といい続けてください)
書き出し: Your Excellency

外務大臣
Minister of Foreign affiars
Walid al-Mu’allim
Ministry of Foreign Affairs
al-Rashid Street
Damascus, Syrian Arab Republic
ファックス: +963 11 214 6253 (繋がりにくいですが、何度も試みてください。また、相手が電話口に出た場合は「ファックス」といい続けてください)
書き出し: Your Excellency

コピーの送付先
シリア・アラブ共和国大使館
臨時代理大使 フィラス・アル・ラシディ
一等書記官 Mr.Firas AL RASHIDI
〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目19-45
ホーマット・ジェイド
電話:03-3586-8977、03-3586-8978
書き出し:Your Excellency

アピール例文

Bashar al-Assad,
President
↑ここに宛先を記入

Your Excellency,
↑ここに書き出しを記入

I have a strong concern that 16-year-old Ahmed Ismael al-‘Akkad has been held incommunicado since 20 November 2012, and his whereabouts are unknown.

I urge you to reveal Ahmed Ismael al-Akkad’s whereabouts and to grant him immediate access to his family and lawyer.

I further urge you to ensure that he is protected from torture and other ill-treatment and to give him any medical care he may require, including asthma medication.

I also urge you to ensure that he is treated in accordance with human rights standards outlined in the Convention on the Rights of the Child, including principles for juvenile justice.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ