English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イラン: イラン 反体制派聖職者への嫌がらせに終止符を

イラン:
イラン 反体制派聖職者への嫌がらせに終止符を

最新情報:
2017年8月22日
国名:
イラン
対象者:
セイイド・ホセイン・カゼメイニ・ボルージェディ(男性)
期限:
2017年9月28日
配信日:
2017年8月22日
UA No:
078/2014

反体制派聖職者セイイド・ホセイン・カゼメイニ・ボルージェディ師(59才)は、1月4日に釈放後、当局から脅迫や殺害の脅しを受けてきた。24時間の監視下におかれ、事実上の自宅軟禁にある。

ボルージェディ師は2007年8月、はなはだしく不公正な、聖職者向け特別法廷で、法律で禁止されている政教分離を擁護した罪で実刑11年の判決を言い渡された。今年1月4日、病気治療のため、刑期を数カ月残して釈放されたが、当局によるさまざまな圧力を受けてきた。法的根拠もなく、事実上の自宅軟禁に置かれ、通院以外は、テヘラン市内の自宅から出られず、訪問者を受け入れることもできない。

いつ再収監されてもおかしくない。釈放後、4月15日と8月8日の2度、同法廷の取り調べを受け、指示に従わなければ再収監すると脅された。自宅を頻繁に訪れる法廷の係員に、メディアと会話をしないよう警告され、従わなければ、「殺す」と警告された。

ボルージェディ師は、様ざまな疾患を抱えている。収監中に発症した心臓疾患、腎臓疾患、脊椎管狭窄症など多数の重い病を患い、手足がしびれ、背中と脚に痛みがあり、歩行などが難しい。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • ただちにボルージェディ師への脅しをやめ、自由を剥奪する移動の自由の制限を解除すること。
  • 師は、信仰、表現、結社、集会の自由の権利を行使しただけで捕えられている「良心の囚人」であり、即時無条件に自宅軟禁を解き、自由の身にすること。
  • そもそも不公正な聖職者向け特別法廷は、国際的に定める公平性と司法の独立性を欠いているため、これを廃止すること。

宛先
Ayatollah Sayed Ali Khamenei,
Supreme Leader(最高指導者)
Office of the Supreme Leader
Islamic Republic Street- End of Shahid Keshvar Doust Street
Tehran, Islamic Republic of Iran
書き出し:Your Excellency

Mohammad Javad Larijani
Secretary General, High Council for Human Rights(人権高等評議会事務総長)
Office of the Head of the Judiciary
Pasteur Street, Vali Asr Avenue
South of Serah-e Jomhouri, Tehran,
Islamic Republic of Iran
Email:info@humanrights-iran.ir
書き出し:Your Excellency

コピーの宛先
大統領
Hassan Rouhani (大統領)
President
The Presidency
Pasteur Street, Pasteur Square
Tehran, Iran

駐日イラン・イスラム共和国大使
〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目13-9
特命全権大使:レザー・ナザルアーハリ 閣下
His Excellency Dr. Reza NAZARAHARI

要請例文

Ayatollah Sayed ‘Ali Khamenei, Supreme Leader
Office of the Supreme Leader
Islamic Republic Street- End of Shahid Keshvar Doust Street
Tehran, Islamic Republic of Iran
↑ここに宛先を記入

Your Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern for Cleric Seyed Hossein Kazemeini Boroujerdi, 59, who is critically ill.

He has faced continued intimidation and death threats by the officials from the Special Court for the Clergy since his release from prison on January 4. He is under 24 hour surveillance and has effectively been placed under house arrest without judicial order or oversight. He is only allowed to leave his home in Tehran to attend hospital and doctor appointments. He is not permitted any visitors. The officials from the Special Court for the Clergy have paid frequent visits to his house to warn him against speaking to the media, threatening to kill him if he does so.

I call on you to stop the harassment and intimidation of Seyed Hossein Kazemeini Boroujerdi, and remove the restrictions on his freedom of movement without delay, as they amount to arbitrary deprivation of his liberty.

I also call on you to lift the house arrest against Seyed Hossein Kazemeyni Boroujerdi and release him immediately and unconditionally as he is a prisoner of conscience held solely for peacefully exercising his rights to freedom of belief, expression, association, and assembly.

At the same time, I urge you to abolish the Special Court for the Clergy as it is fundamentally unfair and lacks internationally recognized standards of impartiality and judicial independence.

Thank you for your prompt attention to the above.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ