English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ: イスラエル 少年が行政拘禁から釈放

イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ:
イスラエル 少年が行政拘禁から釈放

最新情報:
2016年12月 8日 (stop情報)
更新履歴:
2016年5月 5日
国名:
イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ
対象者:
アベド・アル=ラーマン・アワド・クマイル(男性)
期限:
2017年1月 8日
配信日:
2016年12月 8日
UA No:
101/2016

アベド・アル=ラーマン・アワド・クマイルさんはイスラエル国内のメギッド刑務所で8カ月近く行政拘禁されていたが、10月2日、釈放された。彼は拘禁中に17歳の誕生日を迎えた。

2月4日、ジェニンのカバティアにある自宅で逮捕され、2月11日に6カ月間の行政拘禁命令を受けた。判事は2月16日に4カ月に減軽した。しかし、最初の刑が満了した時、4カ月間の追加行政拘禁命令を受けた。今回は、拘禁命令は延長すべきではないと判断され、10月2日、釈放された。

NGOのチルドレン・インターナショナル・パレスチナ(DCI)によると、2015年10月以降、パレスチナ人の子ども19名に行政拘禁命令が出されてきた。その内、12名は起訴されないまま釈放された。2名が裁判所に移され、起訴された。残りの5名の内、少なくとも1名は拘禁中に18歳となり、4名が依然として行政拘禁されている。

この件に関するアクションはこれで終わります。アピール文を送っていただいたすべての方々にお礼申し上げます。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ