English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. インドネシア: インドネシアで迫りくる死刑執行

インドネシア:
インドネシアで迫りくる死刑執行

最新情報:
2016年7月29日
国名:
インドネシア
対象者:
執行が迫る死刑囚(男女)
期限:
2016年9月 5日
配信日:
2016年7月29日
UA No:
179/2016

7月24日と25日に、2人の死刑囚がヌサカンバンガン監獄島に移送された。昨年、そこで13件の死刑が執行された。ある弁護士は、依頼人を含む4人のナイジェリア人が、すぐにも処刑されるとの通知を受けている。当局は、刑務所施設への家族の訪問を一時的に止めており、処刑場の準備を完了した。これは、銃殺隊による処刑が間もなく行われることを示唆している。

インドネシア人のメリ・ユタミさんは、7月24日、タンゲラン女子刑務所から、ジャワ中央部にあるヌサカンバンガン島のバトゥ刑務所に移された。7月25日、パキスタン人のズルフィカール・アリさんもまた、腎臓と心臓の治療を受けていた病院から、バトゥ刑務所に移された。昨年には、14件中13件の処刑が、この島で銃殺隊により執行された。ナイジェリア人のハンフリー・(ジェフ)ジェファソン・エジケさんの弁護士がアムネスティに語ったところによると、7月22日、依頼人を含むナイジェリア人死刑囚4人が、間もなく処刑されるという通知を受け取った。

この人たちは全員、麻薬犯罪で有罪とされた。報道によると、家族の面会は1週間認めらていない。7月25日、幾つかの国の外交官が自国の死刑囚に面会するために呼ばれた。これは早ければ7月30日に、死刑が執行されることを意味している。刑務所関係者は、処刑場の準備が完了し、銃殺隊も手配したと、発表している。しかしながら今日まで、インドネシア当局は、処刑の公式通知も、囚人の家族および弁護士に、いつ処刑されるかの情報も提供していない。今週、処刑されると思われる囚人の何人かは、大統領あてに恩赦の要請をまだ行っていない。

インドネシア当局は、処刑の計画は麻薬撲滅のために有効な手段だという主張を繰り返してきたが、その主張は根拠に乏しい。国際法及び国際基準は、死刑の使用は「最も重大な犯罪」あるいは故殺に限定されると、義務付けている。

追記

7月29日にアムネスティが得た最新情報で、当局は7月28日、4人を執行したことがわかった。これらの執行は、国内外の法律に触れることは明らかだ。即時に、未執行の死刑囚の執行を中止すべきである。覆水盆に返らないがこれ以上、問題を悪化させてはならない。

アクションしてください。

英語あるいはインドネシア語で、以下のアピール文を作り、ファックス、Eメール、航空書簡(全世界90円)でできるだけ早く送ってください。同じ内容を盛り込んだアピール例文が後に続きますので、それをご利用ください。

  • 死刑執行計画をすべて即刻停止するよう、当局に求める。
  • 死刑の廃止を視野に入れ、すべての処刑を停止し、すべての死刑判決を禁固刑に減刑するよう求める。
  • 国際法に定められている、死刑の使用は「最も重大な犯罪」に限定するという基準に、麻薬犯罪は該当せず、死刑に直面している者の権利の保護を確保する国際的な保障規定が、すべての死刑に適用されなければならないことをあらためて求める。

宛先
President of the Republic of Indonesia (大統領)
H. E. Joko Widodo
Istana Merdeka
Jakarta Pusat 10110, Indonesia
Fax: +62 21 345 0009
Email:webmaster@ksp.go.id
Twitter: @jokowi
書き出し: Dear President

Coordinating Minister for Politics, Law and Security Affairs (政治・法・治安相)
Mr Luhut Panjaitan
Jl. Medan Merdeka Barat No. 15
Jakarta Pusat 10110, Indonesia
Fax: +62 21 348 33704
Twitter: @PolhukamRIm
書き出し: Dear Minister

アピール例文

H. E. Joko Widodo
President of the Republic of Indonesia
Istana Merdeka
Jakarta Pusat 10110, Indonesia
↑ここに宛先を記入

Dear President;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on death row prisoners who were recently moved to Nusakambangan prison island.

I am calling on the authorities to immediately halt plans to carry out any executions.

I am urging them to establish a moratorium on all executions with a view to abolishing the death penalty and to commute all death sentences to terms of imprisonment.

Let me remind them that drug-related offences do not meet the threshold of the “most serious crimes” to which the use of the death penalty must be restricted under international law and that international safeguards guaranteeing protection of the rights of those facing the death penalty must be strictly observed in all capital cases.

Your attention would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ