English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. タイ: タイ 人権活動家2人に実刑の恐れ

タイ:
タイ 人権活動家2人に実刑の恐れ

最新情報:
2016年8月24日
国名:
タイ
対象者:
ジャツパット・ブーンファタララクサとワシン・プロマニー(いずれも男性)
期限:
2016年9月22日
配信日:
2016年8月24日
UA No:
191/2016

2人は、憲法草案を批判する文書を配付したとして、8月6日に逮捕され、国民投票に関する抑圧的な法律により10年以下の実刑判決を受ける恐れが出ている。1人は現在も身柄を警察に拘束されており、8月7日、ハンストを始めた。

8月6日、タイ東北部チャイヤプーム県で、憲法草案に反対する運動をしていたジャツパット・ブーンファタララクサさんとワシン・プロマニーさんが、逮捕された。2人は、活動団体「新民主主義運動」と連携する学生活動家だ。逮捕されたのは、憲法草案が承認された国民投票の前日だった。

警察は、「2人は憲法草案を非難する資料を所持していた」としている。その後2人は拘束され、8月8日には裁判所が12日間再勾留を認めた。裁判所に提出した文書の中で、警察は「本件が、憲法草案の是非を問う国民投票法に違反しているかの捜査を開始した」としている。同法は、秩序ある投票に影響を与える行動や発言を禁じている。2人の活動家は拘束中、指紋押捺を拒否したため、政府の命令違反にも問われている。起訴され、有罪になれば、2人は10年以下の実刑判決を受ける可能性がある。

ワシンさんは保釈請求を認められ、8月8日に釈放された。ジャツパットさんは、無罪を主張して、保釈申請を拒み、8月7日から勾留の不当性を訴えるためにハンストに入った。ジャツパットさんは、次回は8月19日に、ワシンさんは、8月22日に出廷する予定だ。

もっと読む

追加情報

2014年5月に起きたクーデター以後、タイは軍事政権下にある。2016年8月7日、軍政が設置した機関が起草した憲法草案の是非を問う国民投票が実施された。憲法草案は大差で承認され、2017年末に総選挙が実施されることになった。

クーデター以後、当局は、表現、結社、集会の自由の行使を制限し、平和的な抗議活動を組織的に抑圧している。

アクションしてください。

英語あるいはタイ語で、当局に以下の要請を盛り込んだアピール文を作り、ファックス、Eメール、航空書簡のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英文の場合は、後の英文サンプルをご利用ください。

  • ジャツパットさんを即時かつ無条件に釈放し、ワシンさんと共に対象となっている全ての起訴手続きを終了するように、当局に求める。
  • 2人が、表現と集会の自由の権利を平和的に行使しただけで逮捕されたことへの懸念を表明する。
  • ジャツパットさんが直ちに治療を受けられ、ハンストで報復を受けないようにすることを当局に求める。
  • 表現、結社、集会の自由の権利の平和的な行使を犯罪とする法律や法令を廃止するように要請する。

宛先
Gen. Prayut Chan-O-Cha, Prime Minister(首相)
Government House
Pitsanulok Road, Dusit
Bangkok 10300, Thailand
Fax: +66 22825131
書き出し: Dear Prime Minister

Gen. Paiboon Koomchaya, Minister of Justice(法務大臣)
Ministry of Justice
Country Govt Center Building at the Prestigious 80th, December 5, 2550
120 Moo 3, Building A Road Rd Lak Si,
Bangkok 10210, Thailand
Fax: +66 29530503
書き出し: Dear Minister

コピーの宛先
駐日タイ王国大使
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-6
駐日タイ王国大使館
特命全権大使:バンサーン・ブンナーク 閣下
His Excellency Mr. Bansarn BUNNAG

アピール例文

General Prayut Chan-O-Cha
Prime Minister
Government House
Pitsanulok Road, Dusit
Bangkok 10300, Thailand
↑ここに宛先を記入

Dear Prime Minister;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my deep concern for 2 student activists, Jatupat Boonphatthararaksa and Wasin Prommanee, who were arrested on August 6, while campaigning against the draft constitution in Chaiyaphum Province.

Police officials alleged that the 2 activists were in possession of materials criticizing the draft constitution. They are also accused of violating a government order by refusing to provide fingerprints while in police custody.

Wasin Prommanee was released from custody on August 8 after the Court granted his request for bail. Jatupat Boonphatthararaksa refused to request release on bail, claiming that he is innocent. Since August 7, he has been carrying out a hunger strike in protest of the unjust nature of his detention.

I call on you to immediately and unconditionally release Jatupat Boonphatthararaksa from custody and halt all criminal proceedings against Jatupat Boonphatthararaksa and Wasin Prommanee.

I am afraid that Jatupat Boonphatthararaksa and Wasin Prommanee were arrested solely for the peaceful exercise of the rights to freedom of expression and assembly.

I urge you to ensure that Jatupat Boonphatthararaksa immediately receives any necessary medical care and is not subjected to retaliation for his choice to stage a hunger strike.

I also urge you to repeal all laws and decrees criminalising the peaceful exercise of the human rights to freedom of expression, association and assembly.

Thank you for your prompt attention to the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ