English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. エジプト: 拷問で自白の少年に実刑15年か

エジプト:
拷問で自白の少年に実刑15年か

最新情報:
2016年12月14日 (更新情報)
更新履歴:
2016年10月24日 (更新情報)
2016年9月 6日
国名:
エジプト
対象者:
アセル・モハメド(男性)
期限:
2017年1月17日
配信日:
2016年12月14日
UA No:
197/2016

アセル・モハメドさん(15歳)の裁判は12月27日に延期された。34日間の取り調べ中に拷問を受けて強要されたという自白をもとに、非合法のムスリム同胞団の一員であることやホテルを襲撃したことなどの一連の容疑を着せられている。有罪判決を下されると、実刑15年に処せられる。

アセル・モハメドさんは 1月12日、国家公安局の職員に逮捕され、その後34日間、強制失踪となっていた。その期間、拷問を受け、犯してもない罪の自白をさせられたという。逮捕された当時は14歳だった。2月15日アセル・モハメドさんは弁護人の付き添いなしで、最高国家公安検察局の尋問を受けた。アセル・モハメドさんは電気ショックや長時間手足を縛って吊るすといった拷問を受けたと説明したが、検察官はその申し立てを捜査の対象としなかった。それどころか、「自白を撤回すれば国家公安局へ戻し、また拷問を受けるぞ」と脅された。この検察官は 15歳未満の容疑者の公判前拘禁を禁止する法律に反して公判前拘禁を命じた。8月に裁判所に送致された。

前回の審理は11月29日に行われた。弁護士は、担当裁判官はモハメドさんに偏見があるとする申し立てをしたが、裁判所は応じなかった。裁判官がメディアにムスリム同胞団への憎しみを語り、同胞団はテロ組織だと話したことを、弁護士は10月8日、カイロ控訴裁判所での審理において、申し立てた。モハメドさんはこの審理には出廷させられなかった。12月27日に予定されている次の審理で、弁護士は証拠の提出と裁判の再延期を期待している。「あの子には、拘禁は精神的に厳しく、辛い」と少年の家族は12月5日アムネスティに語った。少年は拘置所に収容されているが、家族によれば、職員達が少年や収容者の房を厳しく検査し、鍋や食べ物を取り上げたり、枕を引き裂いたりしているとのことだ。

アクションしてください。

英語またはアラビア語で以下の要請内容のアピール文を作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)などでできるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • アセル・モハメドさんの拘禁は違法であり、直ちに釈放するようエジプト当局に要請する。
  • 拷問や虐待からアセル・モハメドさんを保護し、また弁護士や家族と自由に面会できるように、また必要な治療を受けられるよう当局に要請する。
  • 彼が受けた強制失踪や拷問・虐待の嫌疑について公正かつ効果的な調査を行い、公正な裁判で責任ある者を裁く(しかし、死刑にはしない)ことを要請する。

宛先
Public Prosecutor(検察官)
Nabil Sadek
Office of the Public Prosecutor
Madinat al-Rehab
Cairo, Arab Republic of Egypt
書き出し:Dear Counsellor

Interior Minister(内務大臣)
Magdy Abdel Ghaffar
Ministry of Interior
Fifth Settelment, New Cairo,
Egypt
Fax:+202 2794 5529
Email:HumanRightsSector@moi.gov.eg
Twitter:@moiegy
書き出し:Your Excellency

コピーの宛先
Deputy Assistant Minister of Foreign Affairs for Human Rights(人権外務副大臣)
Laila Bahaa Eldin
Ministry of Foreign Affairs
Corniche el-Nile, Cairo, Egypt.
Fax:+202 2574 9713
Email:contact.us@mfa.gov.eg
Twitter:@MfaEgypt

駐日エジプト・アラブ共和国大使
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1丁目5-4
特命全権大使:イスマイル・カイラット閣下
His Excellency Mr. Ismail KHAIRAT

アピール例文

Magdy Abdel Ghaffar
Interior Minister
Ministry of Interior
Fifth Settlement, New Cairo
Egypt
↑ここに宛先を記入

Your Excellenc;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my deep concern that 15-year-old Aser Mohamed faces charges, including belonging to the banned Muslim Brotherhood group and attacking a hotel, based on “confessions” that he says were obtained under torture after 34 days of enforced disappearance.

I urge you to release Aser Mohamed immediately as his detention is unlawful.

I further urge you to protect Aser Mohamed from torture and other ill-treatment, and to allow him full access to his lawyer, medical treatment and family.

I also urge you to ensure an impartial, effective investigation into his enforced disappearance and allegations of torture and other ill-treatment, and to prosecute those responsible in a fair trial without recourse to the death penalty.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ