English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. サウジアラビア: サウジアラビア 未成年時の容疑に死刑判決

サウジアラビア:
サウジアラビア 未成年時の容疑に死刑判決

最新情報:
2016年9月16日
国名:
サウジアラビア
対象者:
アブドゥルカレーム・アル‐ハワジ(男性)
期限:
2016年10月21日
配信日:
2016年9月16日
UA No:
209/2016

サウジアラビアでシーア派の男性が、16才の時に犯したとされる罪で、特別刑事裁判所で死刑を言い渡された。元少年は、5カ月間独房に監禁され、外部との連絡を絶たれた中で暴力を受けて「自白」を強要されたと話している。

特別刑事裁判所は7月27日、アブドゥルカレーム・アル‐ハワジさんに、違法な集会に参加して国家に批判的な歌を歌ったり、デモの写真や動画をソーシャルメディアに流したりしたなどの罪で、死刑判決を言い渡した。法廷の書類によると、これらの犯行があったのは、2012年8月、アル-ハワジさんがまだ16才の時だった。裁判所は、自白を根拠にこの判決を出したと推測されるが、本人によるとこの自白は外部との連絡を絶たれ拷問されて強制されたものだという。家族は判決に対し控訴した。

情報によると、アル‐ハワジさんは2014年1月16日、サウジアラビア東部のアル‐カティフ地方の検問所で逮捕された。その後、まず一般捜査局(GDI)刑務所に入れられ、刑務官に手や靴や棒で殴られたという。1週間後、ダンマンの別のGDIに移され尋問を受けたとき、殴られ、「家族を殺すぞ」などと脅されるなどして、「自白」を強要されたという。

起訴前の勾留中、弁護人との接見を許されず、当初の5カ月は外部との接触を絶たれて、独房に拘禁されたという。家族は警察署や刑務所を探し回ったが、いずれの施設でも「そんな者は収容されていない」と言われた。居所がわかったのは、ダンマンのGDI刑務所員からの電話だった。「約5カ月前から本人を勾留している。会いに来てもよい」という。法廷書類によると、アル‐ハワジさんは、起訴されないまま2年以上も拘禁されているが、いずれの容疑も否認し、検察が申し立てるどの行為への関与も否定してきた。

アクションしてください。

アラビア語あるいは英語で、以下のことを要請するレターを作り、航空書簡(全世界90円)、ファックス、eメールのいずれかで、できるだけ早く送ってください。その例文が後に続きます。それを利用しても構いません。

  • 当局に、アブドゥルカレーム・アル‐ハワジさんの有罪判決を破棄し、国際基準に沿った公正な方法で再審を行い、再び死刑判決を出さぬよう求める。
  • 彼が拷問その他の虐待を受けたとの申立てについて、独立の捜査を行う命令を出すよう求める。
  • サウジアラビアは子どもの権利条約の署名国であり、18歳未満の人が犯した罪について死刑を適用することは厳格に禁止されていることを指摘する。
  • サウジアラビアの死刑廃止を目指し、正式に処刑を停止することを要求する。

宛先
King and Prime Minister(国王兼首相)
Salman bin Abdul Aziz Al Saud
The Custodian of the two Holy Mosques
Office of His Majesty the King
Royal Court, Riyadh
Kingdom of Saudi Arabia
Fax: (via Ministry of Interior) +966 11 403 3125 (please keep trying)
Twitter: @KingSalman
書き出し: Your Majesty

Minister of Interior (内務大臣)
His Royal Highness Prince Mohammed bin Naif bin Abdul Aziz Al Saud
Minister of Interior
Ministry of the Interior, P.O. Box 2933, Airport Road, Riyadh 11134
Kingdom of Saudi Arabia
Fax: +966 11 403 3125
Twitter: @M_Naif_Alsaud
書き出し: Your Excellency

コピーの宛先
Minister of Justice(法務大臣)
His Excellency Dr Walid bin Mohammed bin Saleh Al-Samaani
Ministry of Justice
University Street,
PO Box 7775, Riyadh 11137
Kingdom of Saudi Arabia
Fax: +966 11 401 1741 / 402 031
書き出し: Your Excellency

駐日サウジアラビア王国大使
サウジアラビア王国大使館
Royal Embassy of Saudi Arabia in Japan
〒106-0032 東京都港区六本木1丁目8-4
電話:03-3589-5241
特命全権大使:アフマド・ユーヌス・アル・バッラーク 閣下
His Excellency Mr. Ahmad Younos S. Al BARRAK

アピール例文

Salman bin Abdul Aziz Al Saud
The Custodian of the two Holy Mosques
Office of His Majesty the King
Royal Court, Riyadh
Kingdom of Saudi Arabia
↑ここに宛先を記入

Your Majesty;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my grave concern for Abdulkareem al-Hawaj who has been sentenced to death on 27 July by the specialized criminal court in Riyadh. His charges are a range of offences including “participating in illegal gatherings and chanting against the state” and using social media to share photos and videos of demonstrations.

However, according to court documents, these acts were carried out during Ramadan in August 2012, when Abdulkareem al-Hawaj was aged 16.

Moreover, the court appears to have based its decision solely on “confessions”, which he says he was forced into making while he was held incommunicado in solitary confinement and tortured, including being beaten and threatened with the death of his family. He denies all charges against him.

I urge you to quash the conviction of Abdulkareem al-Hawaj, and order a retrial in line with international fair trial standards without recourse to the death penalty.

I also call on you to order an independent investigation into his allegation of torture and other ill-treatment.

I would like to remind you that Saudi Arabia is a state party to the Convention on the Rights of the Child, which strictly prohibits the use of the death penalty for crimes committed by persons below the age of 18.

In addition, I urge you to immediately establish an official moratorium on executions with a view to abolishing the death penalty in Saudi Arabia.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ