English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. マレーシア: マレーシア:開発企業の暴力から先住民を守ろう

マレーシア:
マレーシア:開発企業の暴力から先住民を守ろう

最新情報:
2018年9月 6日
国名:
マレーシア
対象者:
テミアール部族(男女)
期限:
2018年9月17日
配信日:
2018年9月 6日
UA No:
022/2018

自らの土地と権利を守ろうとする先住民たちが、絶え間のない脅迫と暴行の脅しを受けている。プランテーションを開発する企業だけでなく、当局からも嫌がらせを受けたという訴えが相次いでいる。

マレーシア北部ケランタン州で生活するテミアール部族は、プランテーション開発企業がドリアンやゴムのクローン栽培をしないよう働きかけてきた。2月には、祖先伝来の土地を守るためにバリケードを築いた。それ以来、その企業から脅しを受けてきた。村人によれば、同社はバリケードを撤去しようと銃器を持ち込んだり、暴力的な脅しをしたりしきた。 加えて、部族の村に通じる道の入り口に大型車を並べたという。これにより、村全体が包囲された形になり、買い物、通院、子供の送り迎えなど日常生活に大きな支障をきたしてきた。

部族の1人が7月末、脅しを受けたことを抗議する文書を警察に提出した。部族の他の人たちは、これまで当局からも嫌がらせや脅しを受けていたという。2016年、住民47人は、国が自分たちの土地を国の土地だと主張していることに抗議した。この抗議で、2日間拘束された。昨年1月には、住民5人と記者2人が拘束された。開発許可を受けたことに彼らが抗議したためだった。

アクションしてください。

英語またはマレーシア語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • テミアール人権擁護者に対する嫌がらせや脅迫を直ちに止めさせ、住民の安全を確保する。
  • テミアール部族が申し立ててきた嫌がらせや脅迫を調査し、内外の法律に従って関係者の責任を明らかにする。
  • 表現と集会の自由の権利を保護する。
  • 企業に認可を与える前に、関係する部族に情報を提供して意見を聞き、同意を得る機会を設ける。

宛先
Kelantan State Government ケランタン州政府
Jabatan Perhutanan Negeri Kelantan
The Office of the Kelantan State Secretary
Blok 2, Aras 1, Kota Darulnaim
15503 Kota Bharu, Kelantan, Malaysia
Fax: +609 744 3164
Email:portal@kelantan.gov.my
書き出し: To whom it may concern

Chairperson, Human Rights Commission of Malaysia 人権委員会
Tan Sri Razali bin Ismail
11th Floor, Menara TH Perdana,
Jalan Sultan Ismail
50250, Kuala Lumpur Malaysia
Fax: +603 2612 5620
Email:humanrights@suhakam.org.my
書き出し: To whom it may concern

コピー宛先
駐日マレーシア大使館
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町20-16
特命全権大使:ダト・アハマッド・イズラン・ビン・イドゥリス 閣下
His Excellency Dato' AHMAD IZLAN bin Idris

要請例文

Kelantan State Government
Jabatan Perhutanan Negeri Kelantan
The Office of the Kelantan State Secretary
Blok 2, Aras 1, Kota Darulnaim
15503 Kota Bharu, Kelantan, Malaysia
↑ここに宛先を記入

To whom it may concern;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on human rights defenders from the Temiar tribe, based in the northern Malaysian state of Kelantan, who have been facing threats of violence from a local company after they erected a blockade in February 2018 to protect their ancestral lands. The Temiars have been peacefully trying to prevent a company from developing durian and rubber clone projects in Pos Simpor, Kelantan. Indigenous human rights defenders face sustained intimidation and threats of physical violence.

I should call on authorities to investigate any complaint of harassment, threats and intimidation filed by the Temiar and bring those responsible to justice in accordance with national and international standards of due process.

I should also ask you to protect the rights to freedom of expression and peaceful assembly of Indigenous human rights defenders.

You would be requested to consult with the Temiar, and other Orang Asli, in order to obtain their free, prior and informed consent, before granting licences to companies wishing to exploit natural resources on Orang Asli land.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ