English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 米国: 米国 収容所の庇護希望者に医療措置を

米国:
米国 収容所の庇護希望者に医療措置を

最新情報:
2017年2月28日
国名:
米国
対象者:
サラ・ベルラン・ヘルナンデス(女性)
期限:
2017年4月 7日
配信日:
2017年2月28日
UA No:
054/2017

テキサス州ダラスの 米国移民税関捜査局の収容施設に入っているサラ・ベルラン・ヘルナンデスさん(26才)は、国外退去命令を受け、不服申し立てをしている。

ヘルナンデスさんは、一昨年11月4日にメキシコから米国に入国しようとしたときに拘束された。アメリカ国籍を持つ家族が、裁判があれば本人を出廷させることを確約しているにもかかわらず、「国外逃亡のおそれがある」として仮釈放を認めてこなかった。

ヘルナンデスさんは、エルサルバドルで、複数のギャングやそのボスから殺害の脅迫を受けていたため、米国に庇護を求めたという。庇護希望の宣誓供述によると、心身両面で激しい家庭内暴力や性的虐待を受けたこともあった。弁護士の話では、ヘルナンデスさんは2月10日に収容所で倒れ、脳腫瘍と診断され、手術が必要だという。移民税関捜査局は、診断から8日後に初めて家族への電話を許可した。そのときには、すでに痙攣発作、鼻血、頭痛、思考力低下などの症状が出てきていたが、手術はまだだった。2月22日に病院側から、2月27日に手術をして、終われば収容所に送り返すと言われた。

収容は、最後の手段であり、個別的に必要だと判断される。申請者が他人に危害を与えたり国外逃亡したりするリスクがない場合、人道的理由で釈放が許されるべきだ。ヘルナンデスさんにはそのリスクがないため、直ちに収容所から釈放されるべきだ。

アクションしてください。

英語で以下の要請項目を盛り込んだ要請文を作り、メール、ファックス、航空郵便などでできるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 難民申請の審査中は、仮釈放する。
  • 本人が求める手術を可能にする。
  • 収容中は、家族や弁護士との連絡を認める。

宛先
ICE Field Office Director(移民税関捜査局)
Simona Flores
Field Office Director at ICE ERO
US Immigration & Customs Enforcement
Dallas Field Office
8101 N. Stemmons Freeway
Dallas, TX, 75247, USA
Email:simona.l.flores@ice.dhs.gov
Twitter:@ICEgov
書き出し: Dear Ms. Flores

コピー宛先
Consulate General of El Salvador in Dallas, United States(在米エルサルバドル総領事館)
1250 West Mockingbird Lane, Suite 240
Dallas, TX, 75235, USA
Fax: +1 214 637 1106
Email:consuladodallas@rree.gob.sv

アメリカ合衆国大使館
〒107-8420東京都港区赤坂1丁目10-5
臨時代理大使:ジェイソン・P・ハイランド 公使参事官
Mr. Jason P. HYLAND

アピール例文

Simona Flores
ICE Field Office Director
Field Office Director at ICE ERO
US Immigration & Customs Enforcement
Dallas Field Office
8101 N. Stemmons Freeway
Dallas, TX, 75247, USA
↑ここに宛先を記入

Dear Ms. Flores;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on Sara Beltran Hernande who is in Immigration and Customs Enforcement (ICE) detention centre in Dallas, pending an appeal on a court decision to remove her from the United States. She has been in detention since arriving at the US-Mexico border on 4 November 2015. Despite having US citizen family members who can guarantee her appearance at any future hearings on her case, US authorities have denied her parole because she was considered a flight risk.

I am calling on the authorities to release Sara Beltran Hernandez (A#: 208-548-384) on parole, pending the resolution of her asylum claim. Please also ensure she is urgently provided necessary medical attention, in accordance with her wishes. They should also ensure that while in detention, she is provided regular contact with her family members and lawyers of her choosing.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ