English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ロシア連邦: ロシアの新聞社 チェチェンの拉致報道で脅迫受ける

ロシア連邦:
ロシアの新聞社 チェチェンの拉致報道で脅迫受ける

最新情報:
2017年5月 2日 (更新情報)
更新履歴:
2017年4月12日
国名:
ロシア連邦
対象者:
ノヴァヤ・ガゼータ紙などの従業員(男女)
期限:
2017年5月30日
配信日:
2017年5月 2日
UA No:
080/2017

ロシアのノヴァヤ・ガゼータ紙がチェチェンで多数のゲイ男性が拉致されている問題を報道したことで、同紙の関係者やその支持者らが、脅迫を受ける事態が発生している。

ノヴァヤ・ガゼータ紙は4月1日の記事で、「チェチェンでゲイと思われる男性100人以上が組織的な勢力により拉致され、拷問を受けている」と報じた。この報道に対するチェチェン政府関係者の反応は、報道の否定から脅迫まがいの発言まで、さまざまだった。

4月3日、有識者とイスラム教の神学者ほか15,000人が、チェチェンの首都グロズヌイのモスクでの集会に出席した。この集会でアダム・シャキドフ大統領顧問は、「新聞は噓つきだ。その関係者は、信仰とチェチェンの敵だ」と批判した。集会で採択された決議にはこうあった。「長年築かれてきたチェチェンの社会基盤、その信仰と男性の威厳が、侮辱されてきたことを鑑みると、扇動した者たちは報復を受けなければならない。どこにいようとも、誰であろうとも、どれだけ時間がかかろうとも」。

氏の演説は、地元のテレビやSNSを通じて繰り返し流された。脅迫を受けた従業員の支援を表明した同紙とラジオ局エコー・モスクヴィ(モスクワの声)もまた、チェチェンのイスラム教法学者の脅迫を受けた。

影響力ある人物が報復を呼びかけると、大抵、感化される人びとが現れ、その人びとが攻撃的行動に出る。その結果、殺害も発生する。脅迫を呼びかけた人は一切罪を問われず、実行した者が捜査を受けることもない。例を挙げれば、ノヴァヤ・ガゼータ紙の記者アンナ・ポリトコフスカヤさんは2006年に、人権擁護活動家のナタリア・エステミロワさんは2009年に、それぞれ殺害されたが、犯人は捕まっていない。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • 新聞社やラジオ局への脅迫がなくなるよう、ジャーナリストの合法的活動を保障する法律にもとづき、直ちに効果的で公正な捜査を行い、措置をとる。
  • ジャーナリストに対する脅迫と暴力を公に非難し、関わった者を法で裁く。
  • 欧州人権条約締結国として、表現の自由を保障し、脅迫と攻撃からジャーナリストを保護する義務がロシア当局にあることを指摘する。

宛先
Chairman of the Investigation Committee(調査委員会議長)
Aleksandr Ivanovich Bastrykin
Investigation Committee of the Russian Federation
Tekhnicheskii pereulok, dom 2
105005 Moscow, Russian Federation
Fax: +7 495 966 97 76
書き出し: Dear Chairman

Yurii Yakovlevich Chaika(検事総長)
Prosecutor General’s Office
ul. B. Dmitrovka, d.15a
125993 Moscow GSP- 3
Russian Federation
Fax: +7 495 987 5841 / +7 495 692 1725
書き出し: Dear Prosecutor General

コピーの宛先
駐日ロシア連邦大使
〒106-0041東京都港区麻布台2丁目1-1
ロシア連邦大使館
特命全権大使:エヴゲーニー・ウラジミロヴィッチ・アファナシエフ 閣下
His Excellency Mr. Evgeny Vladimirovich AFANASIEV

要請例文

Aleksandr Ivanovich Bastrykin
Chairman of the Investigation Committee
Investigation Committee of the Russian Federation
Tekhnicheskii pereulok, dom 2
105005 Moscow,
Russian Federation
↑ここに宛先を記入

Dear Chairman;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on the staff of Russian newspaper Novaya Gazeta and journalists supporting them who have been threatened following the newspaper’s publication of reports about the abduction and torture of gay men in Chechnya. . Following the threats to Novaya Gazeta, the independent radio station Ekho Moskvy, which came out in support of the threatened staff, has also been threatened by the Mufti of Chechnya, Salakh Mezhiev.

It must be recognized as a very serious matter that public calls for retaliation made by influential people have on many occasions been followed by attacks on the individuals concerned, including killings.

Among the victims of such attacks were Novaya Gazeta’s journalist Anna Politkovskaya who was murdered in 2006, as well as human rights defender Natalya Estemirova who had been a frequent contributor to Novaya Gazeta, and who was murdered in 2009.

So I urge you to address the threats made against Novaya Gazeta staff members and Ekho Moskvy, and ensuring that they are investigated promptly, effectively and impartially in accordance with Article 144 of the Criminal Code of the Russian Federation regarding the “obstruction of lawful professional activities of journalists”.

I also urge you to publicly condemn all threats and violence against journalists and commit to bringing those responsible to account.

Lastly, let me remind you that as a party to the European Convention on Human Rights the Russian authorities have an obligation to guarantee freedom of expression and protect journalists from threats and attacks.

Thank you very much for your prompt attention to this.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ