English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. タイ: バンコクでトルコ人男性が拘束され送還される恐れ

タイ:
バンコクでトルコ人男性が拘束され送還される恐れ

最新情報:
2017年5月31日
国名:
タイ
対象者:
ファーカン・ソークメン(男性)
期限:
2017年7月 7日
配信日:
2017年5月31日
UA No:
122/2017

ミャンマー在住のトルコ人教育専門家ファーカン・ソークメンさんは5月24日、ヤンゴン空港からバンコクに向かうところを拘束された。その後、バンコクの空港のトランジットエリアにいることが確認された。アムネスティは、拷問や虐待を受けるかもしれないトルコへ、彼が送還されることを恐れている。

教育の専門家であるソークメンさんには、家族も同行している。トルコ政府がソークメンさんのパスポートを無効にしたため、ヤンゴン空港で24時間、ミャンマー当局に拘束され、その後、バンコク経由のイスタンブール便に強制的に乗せられた。5月26日に、バンコクのスワンナプーム国際空港にいることは確認されたが、彼の携帯電話が通じず、その所在を知ることができなくなっている。この数日の報道によると、同氏は、トルコ当局から追放された聖職者フェトフッラー・ギュレン師が率いる運動に関わった疑いがあり、その関連で拘束されたようだった。

トルコ政府は、昨年のクーデター未遂事件以降、同盟国に対してクーデターを背後で繰った人物と目されているギュレン師を支持していることが疑われる場合、法的措置を取ることを求めてきたといわれている。

アムネスティなどの人権団体の調べで、ギュレン師の運動に関わりトルコで拘束された人たちが、虐待や拷問、不公正な裁判などを受けていることが分かっている。

アクションしてください。

英語またはタイ語でタイ当局へ以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 国際人権法に則り、ソークメンさんを、拘禁、虐待、拷問などを受ける恐れがあるトルコに送還しないよう要請する。
  • ソークメンさんが、法的根拠なくバンコクで拘束されていることは問題だと述べる。
  • ソークメンさんが、速やかに弁護人に接触できるようにすること、またいかなる手続きにおいても、最も公正な裁判に関する国際基準を尊重するよう要請する。

送り先
Minister of Foreign Affairs(外務大臣)
He Don Pramudwinai,
Ministry of Foreign Affairs
Sri Ayudhya Road
Bangkok 10400, Thailand
Fax: +66 2643 5320 / +66 2643 5314
Email: minister@mfa.go.th
書き出し:Dear Minister

Immigration Bureau(入管局)
Lieutenant General Natthatorn Praosunthorn
507 Soi SuanPlu
Sathorn Tai Rd
Bangkok 10210, Thailand
Fax: +66 2287 1310 / +66 2287-1516
Email: d2_sbai@immigration.go.th
書き出し: Dear Lieutenant General

コピーの宛先
駐日タイ王国大使館
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-6
特命全権大使:バンサーン・ブンナーク 閣下
His Excellency Mr. Bansarn BUNNAG

要請例文

Minister of Foreign Affairs
He Don Pramudwinai,
Ministry of Foreign Affairs
Sri Ayudhya Road
Bangkok 10400, Thailand
↑ここに宛先を記入

Dear Minister;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my deep concern for a Myanmar-based educational professional, M. Furkan Sökmen and his family were detained in Yangon International Airport on 24 May while trying to board a flight to Bangkok. They were reportedly detained by Myanmar authorities for 24 hours at the airport after the Turkish government invalidated their passports. M. Furkan Sökmen was forced to board a flight to Istanbul, the Turkish capital, via Bangkok.

Could I be urging the Thai authorities to comply with their obligations under international human rights law not to deport, extradite or otherwise return M. Furkan Sökmen to a country where he would be at risk of torture, other ill-treatment or serious human rights violations? I should express my concern about the arbitrary manner in which M. Furkan Sökmen has reportedly been detained. The authorities should be asked to grant M. Furkan Sökmen immediate access to a lawyer and reminding them that in all proceedings the most rigorous internationally recognized standards for fair trial must be respected.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ