English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ミャンマー(ビルマ): ミャンマー:新聞編集者の保釈を再度拒否

ミャンマー(ビルマ):
ミャンマー:新聞編集者の保釈を再度拒否

最新情報:
2017年7月17日 (更新情報)
更新履歴:
2017年6月20日
国名:
ミャンマー(ビルマ)
対象者:
チョーミンスェ、チョーゾワーナイン(ともに男性)
期限:
2017年8月15日
配信日:
2017年7月17日
UA No:
137/2017

ヴォイス・デイリー紙の編集者であるチョーミンスェさんが、4度目の保釈申請を却下された。チョーミンスェさんは、ミャンマー軍を嘲笑した風刺記事が「インターネットにおける誹謗中傷」に当たるとして公判中だ。彼は、表現の自由の権利を行使しただけで罪を問われている「良心の囚人」であり、即時、無条件で釈放されなければならない。

保釈申し立ては6月30日、バハン区裁判所で却下された。チョーミンスェさんは、ヴォイス・デイリー紙の常連執筆者であるチョーゾワーナインさんとともに6月2日に逮捕された。問題の記事は、3月26日に掲載され、後に同紙のフェイスブックにも投稿された。チョーゾワーナインさんは6月16日、執筆はしたものの、インターネットへの投稿には関与していないとして、起訴を取り下げられ、釈放された。しかし、6月25日には、警察に呼び出され、取り調べを受けたため、別件で起訴されるおそれがある。問題の記事は、「銃弾の国家の誓い」という見出しがつけられ、軍が制作したプロパガンダ映画「連邦の誓い」を嘲笑する内容だった。4月に軍関係者がミャンマー報道委員会に対して、「記事は、上級と下級の兵士の間に亀裂を生じさせかねない」と申し立てた。その後、ヴォイス・デイリー紙は、5月14日に謝罪文を掲載した。

チョーミンスェさんは、体調不良で日々、医療措置を必要としており、ヤンゴンのインセイン刑務所に収監されている。

アクションしてください。

英語またはビルマ語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界99円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • チョーミンスェさんと言論の自由を行使して拘禁されているすべての人たちを、即時、無条件で釈放する。
  • 拘禁中は、チョーミンスェさんに必要な医療措置を施し、虐待や拷問を受けない措置をとる。また、家族や弁護士との自由な面会を認める。
  • 国際人権法および国際人権基準に沿った内容に通信法を改正する。特に、誹謗中傷を処罰の対象から外す。

宛先
President(大統領)
U Htin Kyaw
President’s Office
Office No.18
Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
Fax: +95 1 652 624
書き出し: Your Excellency

Minister of Home Affairs(内務大臣)
Lt. Gen. Kyaw Swe
Ministry of Home Affairs
Office No. 10, ay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
Fax: +95 67 412 439
Email:mohamyanmar@gmail.com
書き出し: Dear Minister

コピー宛先
駐日ミャンマー連邦共和国大使館
〒149-9991東京都品川区北品川4丁目8-26
特命全権大使:トゥレインタンズィン閣下
His Excellency Mr. Thurain Thant Zin

要請例文

U Htin Kyaw
President
President’s Office
Office No.18
Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
↑ここに宛先を記入

Your Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on two media workers who have been detained and charged with “online defamation’’ in connection with a satirical article mocking the Myanmar Army. They each face up to three years’ imprisonment if found guilty and convicted. They are prisoners of conscience who must be immediately and unconditionally released.

I am calling on the authorities to immediately and unconditionally release Kyaw Min Swe and all other prisoners of conscience, as they have been detained solely for the peaceful exercise of their right to freedom of expression.

Please ensure that, pending their release, Kyaw Min Swe and Kyaw Zwar Naing are provided with adequate medical care; have effective access to their family and a lawyer of their choice without delay; and are protected from torture and other ill-treatment while in detention.

I should also urge you to amend the 2013 Telecommunications Law to ensure that it complies with international human rights law and standards, and in particular, ensure that none of its provisions allow criminal sanctions for defamation.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ