English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ: イスラエル:パレスチナ人大学教授を行政拘禁

イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ:
イスラエル:パレスチナ人大学教授を行政拘禁

最新情報:
2017年6月29日
国名:
イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ
対象者:
アーマド・カタメシュ(男性)
期限:
2017年7月27日
配信日:
2017年6月29日
UA No:
140/2017

イスラエルの軍判事は6月13日、大学教授のパレスチナ人、アーマド・カタメシュさん(67才)に対する3カ月間の行政拘禁命令を追認した。カタメシュさんは、5月14日から起訴も裁判もないまま、オフェール刑務所に勾留され、5月17日に行政拘禁命令を受けた。

政治コメンテーターでもあるアーマド・カタメシュさんは5月17日、被占領ヨルダン川西岸地区のイスラエル軍司令官に3カ月間の行政拘禁命令を下された。アッダミール協会のマムード・ハッサン弁護士によると、行政拘禁命令は6月13日の審理で追認されたという。カタメシュさんは5月14日、自宅を急襲したイスラエル軍兵士に逮捕された。

これまで、イスラエルとパレスチナ両当局とオスロ合意に対して、歯に衣着せぬ批判をしてきた。この合意は、被占領パレスチナ地域(OPT)のいくつかの地域の管理をパレスチナ当局に部分的に移すという暫定的な協定だった。彼は、パレスチナ人の政治と戦略の根本的変革、また西岸地区におけるパレスチナ当局とハマスの間の分裂を終息させることを求めてきた。また、パレスチナ住民が自分たちの指導部に不満を抱いていることを指摘してきた。

最近、彼はパレスチナ人の囚人たちの大規模なハンストを強く支持する声明を出した。ハンストは4月17日に始まり、およそ1,500名の囚人たちがイスラエルの監獄での拘禁に抗議するため40日間、すべての食べ物を拒否した。

カタメシュさんは、単に非暴力な政治活動と執筆活動のため、また他のパレスチナ人の活動を抑止するために、拘禁されていると考えられ、「良心の囚人」だ。カタメシュさんが、行政拘禁を受けて投獄されるのは、これが初めてではなく、これまでにかれこれ8年余りの行政拘禁を受けた。前回の釈放は、2013年12月だった。カタメシュさんの妻がアムネスティに語った所によると、前回の拘禁中に受けた手荒い処遇といいかげんな医療で内耳が異常をきたし、身体のバランス機能がおかしくなったという。「釈放以降、失神や一時的な記憶喪失を繰り返しており、体調が心配だ」という。

もっと読む

追加情報

カタメシュさんの逮捕の様子を目撃した人たちによると、イスラエル軍は5月14日午前4時30頃、被占領西岸地区のラマッラー近郊のアル=ビレに、少なくとも8台のジープなどに分乗した兵士40、50人が乗り込んできた。兵士たちは、何軒かを捜索した上で、カタメシュさんの兄弟宅を見つけ、兄弟に案内させてカタメシュさん宅を探しだし、逮捕・連行した。家宅捜索はされなかったという。

逮捕前、カタメシュさんは地元のテレビやラジオの番組によく出演していた。また、パレスチナ人とイスラエル人の間の代替となる統治制度に対する提案の分析を執筆している。

家族によると、カタメシュさんは昨年2回、イスラエル軍の諜報当局の尋問を受け、政治的な話題を執筆したり、メディアで話したりしないよう求められ、「従わないとまずいことになるぞ」と警告された。

しかし、カタメシュさんは、「自分は物書きであり学者だ。思ったことを話し、書く」と、2回とも当局の忠告を退けた。妻の話では、5月21日に会った弁護士に夫は、「恣意的な逮捕と投獄に抗議して、獄中での投薬を受けない。また当局と無関係な医師の診察でなければ、診察も受けない」と語ったという。 

行政拘禁は表向き、著しく、かつ差し迫った治安不安を引き起こす危険性がある者を拘禁する例外的措置として導入された。しかし、イスラエル当局はこれまで、犯罪容疑者を起訴する刑事司法制度の代替手段として、あるいはまったく罪のない人を拘禁するために、行政拘禁を利用してきた。この命令は無制限に更新可能で、行政拘禁されているパレスチナ人の中には、言論・結社の自由の権利を平和的に行使しただけで拘禁されている良心の囚人がいると、アムネスティは考える。イスラエルのNGO、ハモウクドによると、今年6月初めの時点で、行政拘禁されている人は、477人に上るとのことだった。

アクションしてください。

英語またはヘブライ語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • アーマド・カタメシュさんとイスラエルの監獄にいる、他のすべての良心の囚人を即時無条件に釈放するよう求める。
  • 釈放までの間、カタメシュさんが適切な健康管理ができ、医療を迅速に受けられるよう要請する。
  • 行政拘禁を停止するための措置を直ちに講じるよう求める。

宛先
Minister of Defence(イスラエル国防相)
Avigdor Liberman
Ministry of Defence
37 Kaplan Street, Hakirya
Tel Aviv 61909, Israel
Email:minister@mod.gov.il, pniot@mod.gov.il
Fax: +972 3 691 6940
書きだし: Dear Minister

Commander of the IDF – West Bank(イスラエル国防軍西岸地区司令官)
Major-General Roni Numa
GOC Central Command
Military Post 02367, Battalion 877
Israel Defense Forces, Israel
Fax: +972 2 530 5741, +972 2 530 5724
書き出し: Dear Major-General Roni Numa

コピー宛先
Minister of Public Security(イスラエル公安大臣)
Gilad Erdan
Kiryat Hamemshala
PO Box 18182
Jerusalem 91181, Israel
Fax: +972 2 584 7872
Email:gerdan@knesset.gov.il
書き出し: Dear Minister

駐日イスラエル国大使館
〒102-0084 東京都千代田区二番町3
特命全権大使:ルート・カハノフ 閣下
Her Excellency Ms. Ruth KAHANOFF

要請例文

Avigdor Liberman
Minister of Defence
37 Kaplan Street, Hakirya
Tel Aviv 61909, Israel
↑ここに宛先を記入

Dear Minister;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to ask you to immediately and unconditionally release Ahmad Qatamesh, and all other prisoners of conscience held in Israeli prisons.

I also urge you to ensure Ahmad Qatamesh has prompt access to adequate healthcare and medical treatment, pending his release.

Lastly I request you to take immediate steps to end the practice of administrative detention.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ