English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. トルコ: トルコ:住民数百人に差し迫る強制退去

トルコ:
トルコ:住民数百人に差し迫る強制退去

最新情報:
2017年7月11日
国名:
トルコ
対象者:
トルコのスル区住民(男女)
期限:
2017年8月10日
配信日:
2017年7月11日
UA No:
158/2017

トルコ南東部ディヤルバクル県スル区で、数百人の住民が、今にも強制退去を受けかねない状況に置かれている。水道と電力の供給を1カ月以上、止められている。住民は事前の協議の機会を与えられず、補償の話も聞いていない。

2015年12月から2016年3月まで、武装したクルド労働者党(PKK)と治安部隊が衝突し、スル区の一部に24時間の外出禁止令が敷かれた。住民数万人が避難し、その多くはいまだに帰れない。2016年3月、スル区全域を対象とする再開発計画の一環で、強制的な買収命令が発令された。その年の12月には、1週間以内に自宅を明け渡すよう、口頭で住民に伝えられ始めたが、ほとんどの住民は留まった。弁護士や住民によると、「今年4月に取崩しを始める」と言われたという。4月末には、「7日以内に自宅から立ち退くように」という指示がモスクの拡声器から聞こえた。5月23日に水道と電力が止まり、既に立ち退いている家屋の取り壊しが始まった。

住民は、再開発計画について当局と協議する機会もなく、代替住宅や損失に対する補償についても話はなかった。地域や家族の絆が強く、暮らしや子どもの教育の面で頼れる地元に残りたいと話していた。しかし、住民は、見えない先行きに強い懸念と不安を募らせている。

当局は、だれも強制的に退去させてはならず、立ち退かせる場合でも最後の手段であり、国内避難民の帰還の権利を含む国際人権法と国際人権基準に沿って行なう義務がある。住民を追い出すために水道や電気を止めることも、国際法では禁止されている。

アクションしてください。

英語でトルコ当局に以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 国際人権法に基づき、直ちに住民全員と十分な話し合いの機会を持ち、代替住宅を含む再定住に関わる選択肢の情報を住民に提供する。
  • 水道と電気の供給を直ちに復旧させること。
  • 賃借人を含む住民が被った実損に相当する補償をすること。

宛先
Minister of Environment and Town Planning (環境都市計画大臣)
Mehmet Özhaseki, Minister of Environment and Town Planning
Çevre ve Şehircilik Bakanlığı
Vekaletler Cad. No:1 Bakanliklar / Ankara, Turkey
Fax: + 90 312 418 04 06
Email:mehmet.ceylan@csb.gov.tr
書き出し: Dear Minister

コピー宛先
トルコ共和国大使館
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目33-6
特命全権大使:アフメト・ビュレント・メリチ閣下
His Excellency Mr. Ahmet Bülent MERIÇ

要請例文

Mehmet Özhaseki
Minister of Environment and Town Planning
Çevre ve Şehircilik Bakanlığı
Vekaletler Cad. No:1 Bakanliklar / Ankara, Turkey
↑ここに宛先を記入

Dear Minister;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern for hundreds of residents in the neighborhoods of the Sur district in Diyarbakır province, who are at imminent risk of forced eviction. For over a month now, their water and electricity supplies have been cut off, in an apparent attempt to force them out. They have not been adequately consulted or compensated.

Residents told Amnesty International that they had not been genuinely consulted about the plans or offered alternative housing or adequate compensation for their losses. All residents reported deep fear and anxiety as to an uncertain future, whilst expressing their wish to remain in their neighborhoods where they had strong community and family ties, and depend on the area for their livelihoods and children’s education.

I urge you to immediately halt all evictions until genuine consultation with affected residents is conducted to identify all feasible alternatives to evictions and resettlement options, and until adequate alternative housing, compliant with requirements under international human rights law, is provided to all persons affected.

At the same time, I call on you to immediately restore water and electricity supplies to the residents, and ensure that adequate compensation is offered to all residents including tenants representing the true value of their loss and the harm they have suffered.

Thank you for your prompt attention to the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ