English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. トルコ: トルコ:人権擁護活動家と講師を即時釈放せよ

トルコ:
トルコ:人権擁護活動家と講師を即時釈放せよ

最新情報:
2017年7月11日
国名:
トルコ
対象者:
不当拘束された事務局長ら10人(男性)
期限:
2017年8月18日
配信日:
2017年7月11日
UA No:
166/2017

トルコのイスタンブールで7月5日、IT研修会会場にいたアムネスティ・トルコ支部の事務局長を含む人権活動家ら10人が、警察に拘束された。表現の自由を行使してきただけで拘束された彼ら「良心の囚人」は、即時かつ無条件に釈放されなければならない。

7月5日午前10時頃、イスタンブールのブユックアダ島のホテルでデジタル・セキュリティの研修会が開催されていた。そこに参加していたアムネスティ事務局長や弁護士ら8人と講師2人が、突如踏み込んできた警察に、拘束された。拘束された人たちの名前は次の通り。

8人の人権擁護活動家は、ヒューマンライツ・アジェンダ協会所属ギュナル・クルシュン弁護士、アムネスティ・トルコ支部のイディル・エセル事務局長、女性連合のイルクヌール・ユスチュンさん、市民連合のナラン・エルケム弁護士、権利の平等監視協会のネジャット・タシュタンさん、市民の議会所属オズレム・ダルクランさん、シェイフムズ・オズベクリ弁護士、人権問題協会のヴェリ・アジュさん、2人の講師はピーター・スチュッドナーさんとアリ・ガラビさんだ。

当初、10人の拘禁場所は明らかにされなかった。しかし、7月5日夕刻、複数のNGOが彼らの拘禁場所を特定した。しかし、その夜遅く、10人は別の場所へ移送されたが、翌日午後3時ごろまで、その場所は開示されなかった。また、彼らが28時間、家族に連絡を取れず、24時間以上、弁護士に連絡を取れなかったのは、国内法違反だ。

その後、弁護士が彼らとの面会を許可された。容疑は、「武装テロ組織」のメンバーだということだ。この容疑の被疑者は、最大7日間、起訴されることなく勾留され、さらに7日間、延長される可能性がある。恣意的でまったく根拠がなく、あまりに馬鹿げた容疑と拘束だ。

もっと読む

追加情報

今回の拘束の背景には、昨年7月のクーデター未遂事件以後、当局が人権活動への弾圧を強化してきたことがある。反政府派だとして、少なくとも市民5万人を拘束し、公務員10万人以上を解雇した。当局は、その矛先をメディアや市民団体にも向け、少なくとも130人のジャーナリストやメディア関係者を拘束し、数百の報道機関やNGOを閉鎖に追い込んだ。アムネスティは、当局に対し、表現の自由や反政権派への弾圧を止め、メディアと市民団体の合法的活動を認めるよう、求めてきた。

先月6月6日には、人権擁護活動家でアムネスティ・トルコ支部の理事長を務めるタネル・クルチュさんを、「フェトフッラー派テロ組織」の一員だという根も葉もない容疑で拘束した。アムネスティは、クルチュさんの容疑取り下げと即時無条件の釈放を求めている。

恣意的な拘束は、国際法で禁止されている。恣意的拘束を受けない権利は、市民的および政治的権利に関する国際規約(自由権規約)の第9条に成文化されており、トルコもこの規約を批准している。恣意的かどうかの判断は、合理性・必要性・妥当性の観点から、不適切、不当ではないか、予見可能性や法の適正手続きが欠如していないかでみる。

アクションしてください。

英語またはトルコ語で、以下のトルコ法務省への要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • 人権擁護活動家のギュナル・クルシュンさん、イディル・エセルさん、イルクヌール・ユスチュンさん、ナラン・エルケムさん、ネジャット・タシュタンさん、オズレム・ダルクランさん、シェイフムズ・オズベクリさん、ヴェリ・アジュさん、IT講師のピーター・スチュッドナーさんとアリ・ガラビさんを、即時かつ無条件に釈放する。

宛先
Minister of Justice (法務大臣)
Mr Bekir Bozdağ
Ministry of Justice
Adalet Bakanlığı
06659 Ankara, Turkey
Fax: +90 312 419 33 70
Email:ozelkalem@adalet.gov.tr
Salutation: Dear Minister

コピー宛先
駐日トルコ共和国大使館
〒150-0001東京都渋谷区神宮前2丁目33-6
特命全権大使:アフメト・ビュレント・メリチ閣下
書き出し:His Excellency Mr. Ahmet Bülent MERIÇ

要請例文

Mr Bekir Bozdağ
Ministry of Justice
Adalet Bakanlığı
06659 Ankara, Turkey
↑ここに宛先を記入

Dear Minister;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on eight human rights defenders, including Amnesty International’s Turkey Director İdil Eser, and two international IT trainers, who were detained by police on 5 July as they were participating in a workshop in Istanbul. I consider their detention is arbitrary and that their suspicion of “membership of an armed terrorist organisation” is baseless and ludicrous. Arbitrary detention is prohibited under international law.

So I should urge the Minister of Justice to release human rights defenders Günal Kurşun, İdil Eser, İlknur Üstün, Nalan Erkem, Nejat Taştan, Özlem Dalkıran, Şeyhmuz Özbekli, Veli Acu and the two IT international trainers Ali Gharavi and Peter Steudtner immediately and unconditionally.

Your quick attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ