English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ポーランド: ポーランド:人権を脅かす改正案に反対を

ポーランド:
ポーランド:人権を脅かす改正案に反対を

最新情報:
2017年7月24日
国名:
ポーランド
対象者:
ポーランドの人びと(男女)
期限:
2017年8月29日
配信日:
2017年7月24日
UA No:
173/2017

ポーランドの議会は7月15日、市民が法的救済を受ける権利と公正な裁判を受ける権利を制限する修正を現行法に加えた改正案を採決した。この改正案を廃案にするには、大統領が拒否することを期待するしかない。

議会は、下級裁判所に関する法律と司法委員会に関する法律を改正する案を採決した。この改正は、司法に介入する政府の権限を大幅に強化しているため、司法の独立性が脅かされ、法的救済や公正な裁判を受ける権利が損なわれるおそれがある。7月12日に上院で採決された改正案は現在、大統領の署名を待っている。大統領が署名すると、改正案は成立する。

最高裁に関する改正案も議論されている。この改正案も政府の権限拡大を目論んでいる。そのため、政府の司法に対する支配力拡大への懸念が、さらに広がっている。この最高裁に関する改正案の第一回目の審理が、現在議会で進んでいる。

いずれの改正点も、法的救済を受ける権利と公正な裁判を受ける権利を制限する。これらの権利は、同国の憲法、欧州人権条約、欧州人権憲章、市民的および政治的権利に関する国際規約(自由権規約)に保障されていて、ポーランドは条約締約国としてそれらを遵守する義務を負っている。

アクションしてください。

英語またはポーランド語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 大統領に対して、司法委員会法と下級裁判所法の改正案を拒否するように求める。いずれも、司法の独立性を脅かし、救済を受ける権利と公正な裁判を受ける権利を阻害するからだ。権利を脅かす最高裁に関する法律も同様だ。

宛先
President of the Republic of Poland(大統領)
Andrzej Duda
Kancelaria Prezydenta Rzeczypospolitej Polskiej
ul. Wiejska 10
00-902 Warsaw, Poland
Fax: +48 22 695 22 38
Email:listy@prezydent.pl
Twitter:@prezydentpl
Facebook:facebook.com/andrzejduda
書き出し: Dear President

コピー宛先
駐日ポーランド共和国大使館
〒153-0062 東京都目黒区三田2-13-5
特命全権大使:ヤツェク・イズィドルチク 閣下

要請例文

President of the Republic of Poland
Andrzej Duda
Kancelaria Prezydenta Rzeczypospolitej
Polskiej
ul. Wiejska 10
00-902 Warsaw, Poland
↑ここに宛先を記入

Dear President;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on two legislative amendments which have been adopted by the Polish Parliament on 15 July. I am afraid those amendments would undermine the right to an effective remedy and the right to a fair trial.

Another amendment, of the Law on the Supreme Court, is on the agenda of the lower chamber of the parliament, Sejm, today and raises further concerns over the government’s attempt to put the judiciary under political control.

Would you please remind that these amendments are incompatible with the Constitution of the Republic of Poland, the European Convention on Human Rights and the International Covenant on Civil and Political Rights (ICCPR), all of which bind Poland legally as a state party. And these are also incompatible with the Charter of the Fundamental Rights of the European Union.

So I urge you to refuse to sign the amendments to the Law on the National Council of Judiciary and the Law on Common Courts as they threaten the independence of the judiciary and would undermine the right to an effective remedy and to a fair trial, and any upcoming amendments of the Law on the Supreme Court that threaten rights.

Your prompt attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ