English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. モルディブ: モルディブ 60数年ぶり死刑再開にストップを

モルディブ:
モルディブ 60数年ぶり死刑再開にストップを

最新情報:
2017年9月 7日
国名:
モルディブ
対象者:
期限:
2017年10月11日
配信日:
2017年9月 7日
UA No:
179/2017

モルディブ大統領の発言によると、9月末までに死刑が執行されるおそれが出てきた。もし執行されれば、同国では60数年ぶりの死刑再開となる。

すぐにでも執行される可能性があるのは、フセイン・フマーム・アハメッド、アハメッド・ムラート、モハメド・ナベールの3人の死刑囚だ。昨年半ば、最高裁で死刑が確定した。報道によると、アブドゥラ・ヤメーン大統領は8月6日、「9月末までに死刑を実施する予定だ」と語ったという。大統領は、これまでも再開の可能性に言及したことがあった。執行される死刑囚の名前は公表されていないが、7月にアムネスティが得た情報によると、上の3人が対象のようだ。

もし、執行を再開すれば、60年以上も執行がなかった同国にとって、極めて重大な後退となる。さらに、国際法が定める死刑囚を含む市民の生存権を保障する義務に違反することになる。

また、アムネスティは、同国の裁判の公平性に重大な疑念を抱いている。その一つが、アハメッド死刑囚が、「自白は強要された」として後に「自白」を撤回していることだ。

昨年7月、国連自由権規約人権委員会はモルディブ政府に対して、アハメッド死刑囚に代わって上訴するかを検討する間、執行を延期するよう要請した。残り2人の死刑囚についても今年7月、同様の要請をした。これに対して、モルディブは、同委員会に協力する旨、伝えている。

アクションしてください。

英語で、以下の当局への要請を盛り込んだ要請文を作成し、ツイッター、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)などで、できるだけ早く送ってください。同じ内容の例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • すべての死刑執行の再開予定を破棄し、死刑廃止を視野に入れて、執行の一時停止を正式に決定する。
  • 犯行当時18才以下だった場合を含むすべての死刑囚に対し、即時減刑をする。
  • 国際法や国際基準に反する国内法の条項を改正し、すべての犯罪から死刑を廃止すること。

宛先
President of Maldives(大統領)
Abdulla Yameen Gayoom
The President's Office,
Boduthakurufaanu Magu, Male' 20113,
Republic of Maldives
Fax: (960) 332 5500
Twitter:@presidencymv
書き出し: His Excellency

Minister of Home Affairs(内務大臣)
Mr. Azleen Ahmed
Ministry of Home Affairs,
10th floor, H. Velaanaage Malé,
Ameeru Ahmed Magu, Male' 20096,
Republic of Maldives
Fax: (960) 332 4739
Email:info@homeaffairs.gov.mv
Twitter:@AzleenAhmed,@homeministrymv
書き出し: Honourable Minister

コピー宛先
Minister of Foreign Affairs(外務大臣)
Dr. Mohamed Asim
Ministry of Foreign Affairs,
Boduthakurufaanu Magu, Male' 20077,
Republic of Maldives
Email:admin@foreign.gov.mv
Twitter:@MDVForeign,@asim_mdv

駐日モルディブ共和国大使館
〒106-0041 東京都港区麻布台1-9-10 飯倉ITビル8階
臨時代理大使:アダム・ハミッド 一等書記官
Mr. Adam HAMID

要請例文

[Twitter例]
No resumption at all of any death penalty in September or any time after no implementation over 60 years.

[手紙の例]
President of Maldives
Abdulla Yameen Gayoom
The President's Office,
Boduthakurufaanu Magu, Male' 20113,
Republic of Maldives
↑ここに宛先を記入

His Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern in regard to your statement to implement the death penalty by the end of September. If carried out, it is not only a tragic setback for Maldives, which has not carried out any executions for over 60 years, but it would also violate Maldives’ obligations under international law, including to protect people’s right to life.

It is speculated that three death-row inmates, Hussain Humaam Ahmed, Ahmed Murrath and Mohamed Nabeel are at imminent risk of execution. There are also concerns about the fairness of the proceedings that lead to the imposition of the death penalty in Maldives.

I ask you to halt any plans to resume executions and establish an official moratorium on all executions, with a view to abolishing the death penalty.

In addition, I would like to call on you to immediately commute the death sentence against all prisoners under sentence of death, including those imposed for crimes committed when the prisoners were below 18 years of age.

I also call on you to amend national legislation to remove provisions that are not in line with international law and standards and abolish the death penalty for all crimes.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ