English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. アルゼンチン: アルゼンチン 土地権利支援活動家の強制失踪

アルゼンチン:
アルゼンチン 土地権利支援活動家の強制失踪

最新情報:
2017年8月16日
国名:
アルゼンチン
対象者:
サンティアゴ・マルドナド(男性)
期限:
2017年9月20日
配信日:
2017年8月16日
UA No:
191/2017

アルゼンチン、チュブ州の先住民族の村が、治安部隊の襲撃を受け、男性1人が拉致された。

8月1日、チュブ州クスアメン県の先住民族マプチェの村が、突如、入ってきた治安部隊の隊員約100人に襲われた。その時、村には活動家のサンティアゴ・マルドナドさん(28才)もいた。マルドナドさんは、マプチェ住民の土地の権利を取り戻す訴訟を支援するために前日に村に入っていた。

住民によると、隊員は住民に銃を向けて威嚇し、時には発砲し、家屋に火を放った。暴行を受ける人もいた。住民もマルドナドさんも、近くの川を渡って逃げようとした。しかし、マルドナドさんは、川の手前で茂みに身を隠そうとしゃがみこんだとき、隊員に見つかってしまった。住民によると、その後どうなったかは、わからないという。軍は、トラックに何かをつんでいる様子だったが、兵士が隊列を組んでトラックを囲ったため、何を積んでいるかは見えなかった。

住民は、行方不明のマルドナドさんの消息を調べるために、八方手を尽くした。裁判所に人身保護願いも出したが、何の回答もなく、捜査をしたのかもわからなかった。国連強制失踪委員会は、マルドナドさんの消息についての情報や、事実関係の詳細な調査を要求する緊急声明を発表した。

アクションしてください。

英語またはスペイン語で、以下の当局への要請を盛り込んだアピール文を作成し、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)などで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 行方不明のサンティアゴ・マルドナドさんの捜査に、あらゆる手を尽くすこと。
  • 軍の行為に対する、公正な捜査を徹底的に行い、捜査結果を公表し、この人権侵害行為の責任者を法の裁きにかけること。
  • 先住民族マプチェの人びとの身の安全を確保するため、住民の全面的参画を得て、十分な対策を打つこと。
  • 住民が土地の所有権を要求していることに対する最終決着を図ること。

宛先
Ministry of Security of Argentina(治安省)
Patricia Bullrich
Gelly y Obes 2289
C1425EMA. Ciudad Autónoma de Buenos Aires, Argentina
Fax: +54 (11) 4809-1656
Correo-e:privadaum@minseg.gob.ar
書き出し: Dear Minister / Sra. Ministra

Ministry of Security of Argentina(治安省)
Pablo Noceti
Gelly y Obes 2289
C1425EMA. Ciudad Autónoma de Buenos Aires, Argentina
Fax: +54 (11) 4809-1656
Correo-e:Privada.noceti@gmail.com
書き出し: Chief of Staff/ Sr. Jefe de Gabinete

Secretary for Human Rights and Cultural Pluralism of Argentina(人権・文化多様性担当官)
Claudio Avruj
Av. del Libertador 8151 - C1429BNO Ciudad Autónoma de Buenos Aires, Argentina.
Fax: +54 (011) 5300-4000
Correo-e:privadadh@derhuman.jus.gov.ar
Twitter:@clauavruj
書き出し:Dear Secretary / Sr. Secretario

コピーの宛先:
駐日アルゼンチン共和国大使
特命全権大使:アラン・クラウディオ・ベロー 閣下
アルゼンチン共和国大使館
〒106-0046 東京都港区元麻布2丁目14-14
電話:03-5420-7101、03-5420-7105
His Excellency Mr. Alan Claudio BERAUD

要請例文

Patricia Bullrich
Gelly y Obes 2289
C1425EMA. Ciudad Autónoma de Buenos Aires, Argentina
↑ここに宛先を記入

Dear Minister;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my grave concern for Santiago Maldonado, who has been missing since the government military force have raided the Mapuche community Pu Lof en Resistencia, in the department of Cushamen, in Chubut province, Argentina on 1 August 2017. He was last seen on that day, while fleeing from the officers. No information has been provided by the authorities on Santiago Maldonado’s whereabouts or the measures they have taken to find him despite of the community’s formal requests.

I urge you to urgently adopt all the necessary measures to find Santiago Maldonado.

I also call on you to carry out a full and impartial investigation into the events perpetrated on 1 August in the community of Pu Lof en Resistencia, to make the results public, and to bring those responsible for human rights violations to justice.

In addition, I urge you to implement any measures necessary in order to guarantee the physical integrity of the Mapuche community Pu Lof en Resistencia, with their full participation.

A definitive solution to the territorial claim of the Lof Cushamen community of the Mapuche people must be reached.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ