English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. インドネシア: インドネシア 良心の囚人に仮釈放を

インドネシア:
インドネシア 良心の囚人に仮釈放を

最新情報:
2017年9月 7日
国名:
インドネシア
対象者:
オクトビナス・ワナレス(男性)
期限:
2017年10月11日
配信日:
2017年9月 7日
UA No:
199/2017

パプア独立派のオクトビアヌス・ワナレスさんは、国が禁止するパプア民族旗「明けの明星」を掲げて反逆罪に問われ、実刑7年を受け、服役してきた。彼は、平和的に活動しただけで処罰を受けている「良心の囚人」である。

既に刑期の3分の2以上を終えており、仮釈放の資格もある。しかし、当局の説明によると、仮釈放には国に忠誠を誓う署名が必要だが、それを拒否しているため、仮釈放は認められない、とのことだった。

明けの明星旗を掲げたのは、2013年5月1日のパプアのインドネシアへの併合50周年記念日のことでのことだった。パプア州の政府ビル付近で、他の活動家5人も参加していた。

6人は、銃で威嚇する警官に逮捕され、その後、刑法の反逆罪と非常事態法の武器・爆発物の所持罪で起訴された。弁護士は、「武器などもっておらず、証拠は、警察が捏造したものだ」と主張した。

ワナレスさんは、控訴するたびに、刑期が長くなり、最高裁では7年を言い渡された。一方で、他の5人は全員無罪を言い渡され、釈放された。

アクションしてください。

英語、インドネシア語、または母国語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • ワナレスさんは、表現の自由の権利を平和的に行使しただけで投獄されたのであり、直ちに無条件で釈放されるべきだ。
  • 人権の行使に対する逮捕・起訴・処罰に、曖昧な法律を適用しない。

宛先
Minister of Law and Human Rights (法務大臣)
Mr. Yasonna Laoly
Ministry of Law and Human Rights
Jl. H.R. Rasuna Said Kav. 6-7,
Jakarta Selatan 12940,
Indonesia
Twitter:@Kemenkumham_RI
Fax: +62 (0)21 525 3004
Email:rohumas@kemenkumham.go.id
書き出し: Dear Minister

Chief of the Presidential Staff Office (大統領首席秘書官)
Mr. Teten Masduki
Gedung Bina Graha
Jl. Veteran No. 16, Jakarta Pusat 10110
Indonesia
Twitter:@KSPgoid
Fax: +62 (0)21 345 0009
Email:webmaster@ksp.go.id
書き出し:Dear Mr.

コピー宛先
駐日インドネシア大使館
〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目2-9
電話:03-3441-4201
特命全権大使:アリフィン・タスリフ 閣下
His Excellency Mr. Arifin TASRIF

要請例文

Minister of Law and Human Rights
Mr. Yasonna Laoly
Ministry of Law and Human Rights
Jl. H.R. Rasuna Said Kav. 6-7,
Jakarta Selatan 12940,
Indonesia
↑ここに宛先を記入

Dear Minister,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on Oktovianus Warnares, a prisoner of conscience, who has served more than two thirds of his prison term and is eligible for parole. His sentence reduction was denied on the grounds that he has to first declare on paper his allegiance to the state of Indonesia according to Government Regulation.

Oktovianus Warnares, along with five other Papuan political activists, organised on 1 May 2013 a flag-raising ceremony of the Morning Star, a symbol forbidden under the Government Regulation. The event was held in the vicinity of a government building in Biak Numfor, Papua province to commemorate the 50th anniversary of the handover of Papua to the Indonesian government by the United Nations Temporary Executive Authority (UNTEA).

The group was immediately arrested after the police opened fire on dozens who were gathering. Oktovianus Warnares and the other men were charged with “rebellion” (makar) under the Indonesian Criminal Code (KUHP) and possession of ammunition and explosives under the Emergency Law. His lawyer claimed that the police planted the evidence to incriminate them.

So I urge you to immediately and unconditionally release Oktovianus Warnares as he has been convicted and imprisoned solely for the peaceful exercise of his human right to freedom of expression.

I also urge you t to stop evoking vague and overbroad legislation to arrest, prosecute and punish persons for peacefully exercising their human rights.

Your prompt attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ