English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 中国: 中国、ウイグル人摘発、留学経験者にも

中国:
中国、ウイグル人摘発、留学経験者にも

最新情報:
2017年10月13日
国名:
中国
対象者:
ブザイナフ・アブドレキシティ(女性)
期限:
2017年11月 9日
配信日:
2017年10月13日
UA No:
222/2017

ウイグル人のブザイナフ・アブドレキシティさんは、2年間のエジプト留学を終えて2015年に帰国して、2017年3月突如、逮捕・起訴され、実刑7年を言い渡された。その罪状は一切明らかにされていないが、留学したウイグルの学生に対して強化されている摘発の一環だと思われる。

アブドレキシティさんは、イスラム文化を学ぶため、2年間エジプトに留学していた。2015年ウルムチに戻り、英語を学びながら父の会社で働いた。オーストラリアにいる新婚の夫に合流する予定で、ビザ申請に必要な書類を受け取るため2015年9月にエジプトに戻った。ビザのために必要な許可をウルムチの警察署で受け取り、夫も婚姻ビザの申請をしていた。

ところが、2017年3月29日に新疆ウイグル自治区ウルムチにある両親宅にいたところを、突然訪れた治安当局員に連行された。6月5日、弁護人もつけられないまま7年の刑を宣告された。現在、ウルムチの女性刑務所に収監されているという。隔離拘禁されているため、虐待や拷問を受ける可能性が大きい。

ラジオフリーアジア(RFA)によると、当局は外国の大学に入学したウイグルの学生を2017年5月から強制的に中国に戻しているという。7月初めには、エジプトで約200人のウイグル人学生が中国当局の要請で逮捕された。そのうちの22人は強制送還され、その後消息がわからないままだ。

報道によると、2016年に陳全国氏が新疆ウイグル自治区の書記に就くと、1年も経たない間に9万人を越す治安関係ポストの募集など、徹底した治安対策を取ってきた。2016年10月には、抗議活動をさらに封じるため、多数のウイグル人からパスポートを没収したと伝えられた。アブドレキシティさんに対する過激な対応も、ウイグル人弾圧の一環と思われる。

アクションしてください。

英語または中国語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • アブドレキシティさんが家族や自選の弁護人と自由に面会できるようにする。虐待や拷問も受けないこと。
  • 国際的に犯罪とされる行為を犯した証拠があり、かつ公正な再審が認められるのでない限り、即時、無条件で釈放する。
  • 適宜必要に応じて、医療措置を受けられるようにする。

宛先
Party Secretary of Xinjiang Uighur Autonomous Region(新疆ウイグル自治区書記)
Chen Quanguo Shuji
479 Zhongshanlu
Urumqi, Xinjiang
People’s Republic of China
Salutation: Dear Secretary

Director (看守所所長)
Xinjiang Uighur Autonomous Region Women’s Prison
17 Kashidonglu
Wulumuqi, Xinshiqu
Xinjiang
People’s Republic of China
Salutation: Dear Director

コピー宛先
駐日中華人民共和国大使
〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目4-33
特命全権大使:程 永華 閣下

要請例文

Chen Quanguo Shuji
Party Secretary of Xinjiang Uighur Autonomous Region
479 Zhongshanlu
Urumqi, Xinjiang
People’s Republic of China
↑ここに宛先を記入

Dear Secretary;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this with grave concern on Buzainafu Abudourexiti, who returned to China in 2015 after studying for two years in Egypt, was suddenly detained in March 2017 and sentenced in a secret trial to seven years in prison. No information has been provided about the charges against her, but it is believed that it may be part of a wider crackdown on Uighur students who studied abroad. Held incommunicado, she is at grave risk of torture and other ill-treatment.

Please ensure that Buzainafu Abudourexiti has regular, unrestricted access to family and lawyers of her choice, and is not subjected to torture and other ill-treatment. She should be Immediately and unconditionally released unless there is sufficient credible and admissible evidence that she committed an internationally recognized offence and is granted a fair re-trial in line with international standards. Please allow her prompt, regular and unrestricted access to medical care on request or as necessary.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ