English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. マダガスカル: マダガスカルの環境活動家にウソの容疑

マダガスカル:
マダガスカルの環境活動家にウソの容疑

最新情報:
2017年10月17日
国名:
マダガスカル
対象者:
ラレバ(男性)
期限:
2017年11月21日
配信日:
2017年10月17日
UA No:
237/2017

マダガスカルの環境に絡む人権活動をするラレバさんが、9月27日、肩書詐称というでっち上げの容疑で拘束された。ラレバさんは、マダガスカルで操業する中国の金採掘会社に対して、採掘と環境面での認可を得ていることを示すよう、公然と求めていた。

企業担当者と地元の首長が地元民を対象に開いた説明会では、同社が一旦止まっていた採掘を再開する上で必要な認可を受けたことを説明することになっていた。同社が、法律が求める許可を得ていないとして2016年に反対運動が起きたことを受けて、鉱山油田省が企業の操業停止を命じていた。

説明会後、ラレバさんは同社にその許可書の提示を求めた。ラレバさんの弁護士によると、企業側はラレバさんを恫喝し、その後、ラレバさんは肩書詐称の容疑で逮捕された。「地元自治体代表」という嘘の肩書を名乗ったというが、その事実はなかった。ラレバさんはこの容疑を否認しているうえ、説明会には当の首長も出席しており、ラレバさんがその首長名を名乗るのは信じがたかった。

弁護士によれば、ラレバさんは拘束後、留置場などに留め置かれた後、刑務所に移され、今も刑務所に勾留中だ。ラレバさんは数カ月前に手術を受けたばかりでまだ全快しておらず、刑務所での処遇が健康に及ぼす影響が懸念されている。

ラレバさんは、社会・経済・環境の面で公正で人権主体の、持続的開発に代わる手段を研究する団体のメンバーだ。

アクションしてください。

英語またはフランス語で以下の当局への要請要旨を盛り込んだ要請文を作成し、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 人権擁護の活動をしていただけのラレバさんを即時、無条件に釈放すること。
  • 釈放に先立ち、ラレバさんに必要な医療措置を取ること。
  • 法律が人権擁護活動家らの摘発に悪用されないようにすること。

宛先
Madame la Ministre de la Justice (司法大臣)
Mme RASOLO Elise Alexandrine,
43 Rue Joel Rakotomolala
Faravohitra - Antananarivo
Madagascar
Email:spminjus@yahoo.fr
書き出し: Son Excellence

Monsieur le Président de la République de Madagascar (マダガスカル大統領)
Hery Rajaonarimampianina
Palais d’État Iavoloha
102 Iavoloha
Antananarivo
Madagascar
書き出し: Son Excellence

コピー宛先
Madagascar Advisor (マダガスカルアドバイザー)
Tamara Léger
Amnesty International Southern Africa Regional Office
Johannesburg
South Africa
Email:tamara.leger@amnesty.org

駐日マダガスカル共和国大使
〒106-0046 東京都港区元麻布2丁目3-23
電話:03-3446-7252、03-3446-7254
臨時代理大使:ロゼット・ララティアナ・ラソアマナリヴォ 参事官
Ms. Rosette Lalatiana RASOAMANARIVO

要請例文

Mme RASOLO Elise Alexandrine,
43 Rue Joel Rakotomolala
Faravohitra - Antananarivo
Madagascar
↑ここに宛先を記入

Son Excellence;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my grave concern for Raleva, the environmental human rights defender, who has been arrested on September 27th on the charge of ‘use of false title’ at a meeting held by a Chinese gold mining company. He allegedly used the title of “Head of District”, but he denies the charge and the head of district himself having been present at the meeting, it is very unlikely that he has been able to use the title. At the meeting Ravela has asked the company representatives to present the mining and environmental permits required for reopening the mining activity. It seems obvious that the authority is abusing the criminal justice system to hamper the protest.

Moreover, Raleva underwent surgery several months before his arrest, and the living conditions in prison pose a threat to his health as he has not fully healed yet.

I urge you to immediately and unconditionally release Raleva as he is being detained solely for his peaceful human rights activism.

I also call on you to ensure that pending his release, Raleva is granted immediate access to adequate medical care.

Finally, I call on you to ensure the criminal justice system is not misused to target human rights defenders.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ