English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. インド: インド:ダリットの活動家を釈放

インド:
インド:ダリットの活動家を釈放

最新情報:
2018年9月23日 (stop情報)
更新履歴:
2018年4月27日
国名:
インド
対象者:
チャンドラシェクハ・アザド(男性)
期限:
2018年10月23日
配信日:
2018年9月23日
UA No:
248/2017

ダリットの人権擁護活動家チャンドラシェクハ・アザドさんが9月14日、釈放された。彼は極めて厳しい国家治安法に基づき、昨年11月以来約11カ月、起訴や裁判を受けることなく行政拘禁に置かれていた。

国家治安法では、行政拘禁を最大12カ月まで認めている。国家治安法の目的は、国家の治安と社会秩序の維持のためというが、その根拠は曖昧だ。従って、人権擁護活動家を抑圧する手段に使われてきた。

釈放時、アザドさんは次のように話した。「政府は、私の逮捕で最高裁から批判されるのを恐れたようだ。だから、早期に釈放させたのだ。しかし、きっと、10日以内に再逮捕すると思う」。一方、警察がメディアに説明したところでは、母親の要請があったから早めに釈放したということだった。

アザドさんは昨年6月、カースト間の衝突に関与した疑いで逮捕された。これが初逮捕だった。同年11月には、保釈を許可された。裁判所は、政府の思惑による起訴だと判断したとされた。しかし、出所する直前、国家治安法の容疑で再逮捕された。

本件に関するアクションはこれで終了します。要請文を送っていただいたすべての方々にお礼を申し上げます。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ