English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. モロッコ/西サハラ: モロッコ 人権活動家を拘禁

モロッコ/西サハラ:
モロッコ 人権活動家を拘禁

最新情報:
2018年6月 4日
国名:
モロッコ/西サハラ
対象者:
ザイン・アル=アービディーン・エラディー(男性)
期限:
2018年7月 4日
配信日:
2018年6月 4日
UA No:
076/2018

4月5日、モロッコ当局は、ザイン・アル=アービディーン・エラディーさんをモロッコのアガディール空港到着時に逮捕した。エラディーさんは、フランスで難民認定を受けている人権擁護活動家だ。

逮捕後、エラディーさんは、シディ・イフニ警察署へ移送された。彼は、これまで人権擁護活動で2度逮捕され、3度起訴されていた。

2011年2月、シディ・イフニであった抗議行動に参加したときに、エラディーさんは、公務員に暴力や侮辱的言動をふるい、また公共物を破壊したとして逮捕された。これらの容疑は、ねつ造されたものだった。その後、1年の実刑と5000ディルハム(約522米ドル)の罰金刑を言い渡された。しかし、彼は刑に服さなかった。2014年12月には逮捕状が出され、この逮捕状が2018年4月5日に執行された。

2015年、エラディーさんは、人権活動に対する起訴をおそれて、ヨーロッパで難民申請するため、国外に逃れた。昨年7月、難民認定を受け、10年間のフランスでの生活を認められた。父親の死去にともない母国に一時帰国を希望すると、フランス当局は3月27日、フランスでの難民認定を失効させることなくモロッコ行きを認める書類を例外的措置として発給し、彼は4月5日に母国に戻ってきた。そして、今回の逮捕となった。

現在、エラディーさんは、家族が住む南西部の都市シディ・イフニから160キロ離れたアガディール近郊のアイット・メルル地方刑務所で拘禁されている。家族によると、他の被拘禁者17人と共に板の間で寝ているということだ。恣意的拘禁に抗議して、彼は4月9日から19日までハンストを行なったが、その間、2度入院した。

エラディーさんは、シディ・イフニにある「イフニ記憶と権利」協会の設立メンバーで、パリにある「モロッコ人権協会」の会員でもある。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • ザイン・アル=アービディーン・エラディーさんは、人権擁護活動を平和的に行っただけで拘束されており、起訴をすべて取り下げ、即時、無条件に釈放する。
  • 釈放されるまで、秘密保持、自立性、インフォームドコンセントの原則など医療の倫理を持った医者の治療を受けられるようにする。
  • 無事にフランスに戻れるようにする。

宛先
Mohamed Saleh Tamek,
Director of General Administration for Prison Administration and Reinsertion 刑務所総務部長
Angle Avenue Arar et rue El-Jouz
Hay El Riyad, Rabat, Morocco
Fax; + 212 5 37 71 26 19
書き出し: Dear Sir

Mohammed Aujjar, 法務大臣
Minister of Justice
Ministry of Justice and Liberties
Place El Mamounia – BP 1015
Rabat, Morocco
Fax; + 212 5 37 71 26 19
Twitter:@MincomMa
書き出し: Dear Sir

コピー宛先
Mustapha Ramid
Minister of State for Human Rights 人権大臣
Inter-ministerial Delegation for Human Rights
Avenue Ibn Sina et rue Oued El Makhazine, Agdal, Rabat
Fax; + 212 5 37 71 26 19
Email:contact@didh.gov.ma
Twitter:@didh_mar

モロッコ王国大使
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-30
特命全権大使:モハメッド・ラシャッド・ブフラル 閣下
His Excellency Mr. Mohammed Rachad BOUHLAL

要請例文

Mohamed Saleh Tamek
Director General Administration for Prison Administration and Reinsertion
Angle Avenue Arar et rue El-Jouz
Hay El Riyad, Rabat, Morocco
↑ここに宛先を記入

Dear Sir,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern for Zine El Abidine Erradi, who was arrested upon his arrival from France at Agadir Airport on April 5. He is a human rights defender with refugee status in France.

He was convicted in 2011 to 1 year prison term, and fined 5.000 dirhams for his participation in the public protest of the February 20 movement in Sidi Ifni on "trumped-up" charges including violence and insults to public officers and destroying public properties. But he did not serve the sentence and the authorities did not issue an arrest warrant until 2014. He fled from Morocco in 2015 to claim asylum in Europe. In July 2017, he obtained his refugee status in France. On April 5, he was travelling to Morocco to visit his family after his father's death, after the French authorities provided him on March 27 with a travel document allowing him to go to Morocco without losing his refugee status in France.

He is now held in Ait Melloul Local Prison, and has been on hunger strike from April 9 to 19 to protest against his arbitrary detention. During the hunger strike he has been hospitalized twice.

I call on you to drop all charges against Zine El Abidine Erradi and immediately and unconditionally release him, as he is held solely for his peaceful work in defense of human rights.

I also call on you to ensure that, while detained, he has access to an independent health professional providing health care in compliance with medical ethics, including the principles of confidentiality, autonomy, and informed consent.

At the same time, I urge you to grant his safe return to France.

Thank you for your prompt attention to the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ