English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ: イスラエル 居住資格を失うパレスチナ人たち

イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ:
イスラエル 居住資格を失うパレスチナ人たち

最新情報:
2018年5月 2日
国名:
イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ
対象者:
パレスチナ人4人(男性)
期限:
2018年5月17日
配信日:
2018年5月 2日
UA No:
079/2018

パレスチナ立法評議会(PLC)議員であるムハンマド・アブ・テールさんとアーマド・アトゥーンさん、ムハンマド・トタさん、ハレド・アブ・アラフェさんの4人がエルサレムの永住資格を失いかねない状況にある。イスラエルの国会は、内相が「忠誠義務の違反」を理由に居住資格を取り消すことができる法律を公布した

3月19日、アリエ・デリ内相は、テロリストの活動に関与したとされていることが「忠誠義務の違反」にあたるとして、パレスチナ立法評議会(PLC)の選出議員であるこの4人を含むエルサレムに住むパレスチナ人12人の居住許可を取り消すと宣告した。3月7日、エルサレムに住むパレスチナ人が、テロなどの反国家活動に関わって、治安への脅威または国家への忠誠違反を犯した場合、その永住資格をはく奪する法律が、イスラエル国会で48票対18票、棄権6票で可決された。これを受けて、今回のデリ内相の声明となった。

4人のPLC選出議員の居住許可の取り消しに対して、法廷助言者として人権団体のアダラとACRIを伴ったファディ・カワスミ弁護士による異議申し立てを受け入れる2017年9月13日のイスラエル最高裁判所の判決を受けて、新法は制定された。元々は2006年5月にロニ・バーオン元内相によって提案された法律だ。当時の最高裁の判決は、忠誠義務の違反を理由に居住資格を取り消す権限を内相が持つ法律などなく、したがって内相の決定は違法だというものだった。しかし、最高裁はその判決の効力を半年間、停止し、忠誠義務違反を理由にエルサレム在住のパレスチナ人の居住資格を取り消す権限を内相が持つ新法を国会が採択することを許してしまった。期限の4月29日までに内相がPLCの議員4人に関する決定を下すものと思われる。ファディ・カワスミ弁護士は、法廷でその決定に異議申し立てすることができなくなることを懸念していると、アムネスティに語った。

もっと読む

追加情報

2006年5月29日、イスラエルのロニ・バーオン元内相は、パレスチナ立法評議会(PLC)の選出議員でハマスに所属し、エルサレムの住民であるハレド・アブ・アラフェさん、ムハンマド・アブ・テールさん、ムハンマド・トタさん、アーマド・アトゥーンさんの4人が30日以内に辞職しない場合、彼らの居住許可を取り消す動きをした。この4人は「変化と改革」党で立候補し、2006年1月、PLC議員に選出された。この党の人びとはハマスと提携しており、パレスチナ立法評議会や西岸地区の様ざまな都市の自治体選挙に候補者を出してきた。

ガザ地区との境界にあるケレム・シャローム検問所で2006年6月25日、ハマスによってイスラエル軍兵士、ギラード・シャリットさんが捕らえられてから、イスラエル軍は西岸地区と東エルサレムで急襲作戦を行ない、「変化と改革」に関係する政治指導者たちを多数、捕まえた。2006年6月30日、テロリスト組織のメンバーという容疑で議員4人が他の48人のPLC議員や大臣10人と一緒に逮捕された。同日、ロニ・バーオン内相は議員4人のエルサレム永住資格を取り消すとの命令を出した。

議員4人は釈放されたそれぞれの日の後、イスラエル警察に召喚され、IDカードを没収された。彼らは皆、2010年6月1日に同年7月1日までにエルサレムから出るよう追放の決定を下された。2010年6月30日、アブ・テールさんは追放命令に従わなかったことで逮捕され、エルサレムで裁判にかけられることとなった。2010年7月1日、議員たちは難を避け、イスラエル軍による強制移送に抗議して東エルサレムにある赤十字国際委員会(ICRC)の本部で座り込みを行なった。2011年9月26日、イスラエルの占領軍はICRCの事務所を急襲し、アトゥーンさんを逮捕した。その結果、2011年12月6日、アーマド・アトゥーン議員は西岸地区に強制移送された。2012年1月23日には、イスラエル軍はエルサレムにあるICRCの本部を急襲し、ハレド・アブ・アラフェさんとムハンマド・トタさんを逮捕した。それから2人の議員は24カ月間、行政拘禁された。2014年1月16日、アブ・アラフェさんとトタさんはエルサレムから追放されることを条件に、イスラエルの刑務所から釈放された。それから、4人の議員は西岸地区に強制移送され、エルサレムに入ることを許されていない。

3月7日のツイッター上での声明で、デリ内相は法律はパレスチナ人からイスラエル市民を保護するために使われると述べていた。「イスラエル市民を襲撃しようとする永住資格者たちに対して使われる新たな抑止手段だ。イスラエル市民の安全を維持するために、私はそれを活かすつもりだ」とデリ内相は述べていた。アムネスティに対し、ハレド・アブ・アラフェPLC議員は「これはエルサレムからパレスチナ人を強制的に移送するイスラエル国家の新たな企てだ。私たちが生まれ育った街から無期限に追放されるのは、単に時間の問題になっている」と述べた。

4人は皆、エルサレムの永住資格を持っている。それは1967年のイスラエルによる占領を受けて、東エルサレムのパレスチナ住民に付与された法的地位である。1967年の戦争後、イスラエル軍は東エルサレムを含む西岸地区すべてを占領した。国際法は占領国が占領地を併合すること、また占領国の市民を占領地に移すことを禁じているのだが、イスラエルはこれらの禁止事項を無視し、東エルサレムを併合した。併合後、イスラエルは人口調査を実施し、併合地域に住むパレスチナ人たちに永住資格を与えたが、それも彼らが人口調査時にいた場合のみであった。イスラエル内務省によると、1967年にイスラエルによる東エルサレム占領が始まってから、イスラエルは東エルサレムの少なくとも14,595人のパレスチナ人の居住資格を取り消した。

国際法の下で、東エルサレムは占領地の一部と見なされており、それゆえ当該地の住民は1949年の戦時における文民の保護に関する第4ジュネーブ条約によって保護される。それゆえ、イスラエル当局が追放できない被保護者と見なされる東エルサレムの住民たちを、強制的に移送することは許されない。イスラエルの決定は、占領地にいる被保護者たちの追放を禁じる第4ジュネーブ条約に明らかに違反している。国際刑事裁判所を定めたローマ規程の下、「占領地内外の住民のすべて、もしくは一部を(占領権力が)追放もしくは移送すること」は戦争犯罪を構成する。

アクションしてください。

英語、ヘブライ語、またはアラビア語でイスラエル当局する要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • パレスチナ立法評議会議員を含むエルサレム在住のパレスチナ人の永住資格を取り消さない。
  • 東エルサレムのパレスチナ人の追放や強制移送は第4ジュネーブ条約で禁止されていることを確認する。

宛先
Minister of Interior 内務大臣
Aryeh Deri
2 Kaplan Street,
Kiryat Ben-Gurion
Jerusalem, 91061, Israel
Email:sar@moin.gov.il
書き出し: Dear Minister

Minister of Justice 法務大臣
Ayelet Shaked
29 Tsalch Adin Street
Jerusalem 91490
E-mail:pniot@justice.gov.il
書き出し: Dear Minister

コピーの宛先
Prime Minister 首相
3 Kaplan St, PO Box 187
Kiryat Ben-Gurion
Jerusalem 91950, Israel
Email:pm_eng@pmo.gov.il
書き出し: Dear Prime Minister

イスラエル国大使館 Embassy of Israel
〒102-0084 東京都千代田区二番町3
特命全権大使:ヤッファ・ベンアリ 閣下
Her Excellency Ms. Yaffa Ben-Ari

要請例文

Aryeh Deri
Minister of Interior
2 Kaplan Street,
PO Box 6158
Kiryat Ben-Gurion
Jerusalem, 91061, Israel
↑ここに宛先を記入

Dear Minister,
↑ここに書き出しを記入

I am writing to urge you not to revoke the permanent residency status of Palestinian Jerusalemites, including the four Palestinian Legislative Council members.

I would like to remind you that the deportations or forcible transfer of Palestinians in East Jerusalem are prohibited by the Fourth Geneva Convention.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ