English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. タイ: タイ:死刑執行再開でさらに執行か

タイ:
タイ:死刑執行再開でさらに執行か

最新情報:
2018年6月26日
国名:
タイ
対象者:
死刑囚(男女)
期限:
2018年8月 2日
配信日:
2018年6月26日
UA No:
119/2018

タイは6月18日、ほぼ10年ぶりに死刑を執行した。この数週間、国王恩赦の申請が却下されているとの未確認情報を受けており、アムネスティはさらなる死刑執行の危険が迫っていることを危惧している。

ティーラサク・ロンギー死刑囚(26才)は6月18日、2012年7月に17才の少年を殺害して死刑判決を受け、バンクワン中央刑務所で薬物注射により処刑された。死刑執行の発表は、同日遅くに行われた。親族は報道機関に、「事前に執行を知らされず、最後の面会の機会もなかった」と語った。死刑囚に許されたのは、執行直前の妻との電話だけだった。

独立に確認されてはいないが数人の死刑囚が恩赦を却下されたという情報もあり、他にも死刑が執行されるおそれがある。法務省の3月の発表によると、死刑囚510人(殺人罪108人、麻薬関連犯罪85人など)のうち、193人の死刑が確定している。

タイの死刑執行の再開は、死刑廃止に向かう世界の趨勢に逆行しており、同国の人権問題の取り組みにとって大きな後退となる。タイは、2018年末までに実施予定の第3次国家人権行動計画で、死刑廃止を明言している。国連の普遍的定期審査が2016年5月、タイに対して、麻薬密輸関連の犯罪に対する死刑判決を見直し、死刑判決を減刑し、死刑廃止に取り組むことを提言、同国はこれを受け入れた。

今回の死刑執行は、2009年以後で初めてだった。アムネスティは、来年初めにも同国を死刑存置国から事実上の廃止国に再分類する予定だった。

アクションしてください。

英語またはタイ語でタイ当局への以下の内容を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡で、できるだけ早く送ってください。英語例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • ロンギー死刑囚の死刑が執行されたこと、また家族に事前通知がなかったことは、極めて問題であり、当局は今後の死刑の執行を中止すること。
  • 死刑廃止へのステップとして死刑の執行を即時停止すること。
  • 死刑再開はタイの人権状況の後退であり、残念だ。世界全体では、3分の2以上の国々が法律上または事実上、死刑を廃止している。

宛先
Prime Minister 首相
Prayut Chan-o-cha
Government House, Pissanulok Road, Dusit,
Bangkok 10300, Thailand
Fax:+66 2 288 4323
Email:spmwebsite@thaigov.go.th
書き出し: Dear Prime Minister>

Minister of Justice 司法大臣
Mr. Prajin Juntong'
Ministry of Justice, the Government Complex, Chaeng Wattana Rd., Laksi
Bangkok 10210, Thailand
Fax:+66 2 143 9676
Email:jslcenter1@gmail.com
Twitter :@pr_moj @prdthailand
書き出し: Dear Minister

コピー宛先
駐日タイ王国大使館
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-6
特命全権大使 :バンサーン・ブンナーク 閣下
His Excellency Mr. Bansarn BUNNAG

要請例文

Prayut Chan-o-cha
Prime Minister
Government House,
Pissanulok Road,
Dusit, Bangkok 10300
Thailand
↑ここに宛先を記入

Dear Prime Minister;
↑ここに書き出しを記入

A 26 year old man, Theerasak Longji, was executed at Bang Kwang Central Prison on June 18, 2018. That was the first to be carried out in Thailand since 2009.

While the execution was announced to the public later on the day, Theerasak Longji's family told a national media outlet that they had not been notified in advance of the scheduled execution and were not given the chance of a last visit with their relative. He was only allowed one phone call with his wife shortly before the execution was carried out.

Amnesty International has received information, which it has not yet been able to independently verify, suggesting that several other prisoners have had their applications for royal pardon rejected and therefore may be at imminent risk of execution.

The resumption of executions in Thailand sets the country against the global trend towards abolition of the death penalty and represents a major setback for the country's human rights record.

I wish to express my deep concern at the execution of Theerasak Longji and the lack of prior notice to his family, and to urge you to halt any plans to carry out further executions.

At the same time, I call on you to commute all existing death sentences and establish an immediate moratorium on executions with a view to abolishing the death penalty.

I also wish to express my deep regret at the setback that the resumption of executions represents for Thailand’s human rights record and highlighting that two-thirds of the world's countries have abolished the death penalty in law or practice

Thank you for your prompt attention to the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ