English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. メキシコ: メキシコ:当局、失踪事件を徹底捜査せず

メキシコ:
メキシコ:当局、失踪事件を徹底捜査せず

最新情報:
2018年7月 4日
国名:
メキシコ
対象者:
少なくとも33人の失踪者(男女)
期限:
2018年8月 1日
配信日:
2018年7月 4日
UA No:
120/2018

メキシコのタマウリパス州ヌエボ・ラレドで、この2月からの4カ月間で、少なくとも33人が行方不明になった模様だ。当局は、捜査を怠り、被害者家族を加害者の脅迫などから保護していない。

被害者の家族が、国家人権委員会に訴えたことで、事実が明らかになった。これまでに、家族の捜索で13人が遺体で見つかった。国連人権高等弁務官は5月、一連の事件に関し繰り返し警告した。目撃者の証言や犯行時とみられる録音や動画で、メキシコ海軍が複数の失踪に関与した疑いがもたれている。

家族や目撃者らは、当局に通報したり要求を公にしたりすると、脅迫を受けた。多くの人びとが恐れを抱き、国の保護を求めている。その上、海軍は、当初、失踪者の捜索に施設への立ち入りを認めるとしていたが、この約束を反故にした。何家族かは、海軍に情報を求めたところ、嫌がらせや脅しを受けた。家族を支援する地元NPO、ヌエボ・ラレド人権は、ソーシャルメディアでひっきりなしに攻撃を受けている。6月6日、行方不明の被害者家族との会合の後、当局は、捜索や捜査を迅速に行うこと、家族の安全を保障することなどの行動計画を明らかにした。

当局はこれまで、なおざりの捜査しかしてこなかった。さらに、4月に拉致され殺害された犠牲者の家族は、捜査資料を見ることもできなかった。どの事件でも、海兵隊が軍用車両で被害者を連れ去ったという目撃証言があった。

もっと読む

追加情報

メキシコでは現在、3万7000人以上が行方不明になっている。中でもタマウリパス州は、行方不明者が最も多く、4月末の公式の数値では、行方不明者は5900人で、その数は増える一方である。

6月12日から15日の間に、複数の連邦当局が調査員をヌエボ・ラレドに派遣し、6月6日に被害者家族に約束した捜索を続けた。当局は、家族一人ひとりから聞き取りをした。

家族は、当局は直ちに行うべき失踪現場の物的証拠探しをしていないと非難した。電話の通話記録や、失踪場所の監視カメラの映像、指紋など、さまざまな証拠がいまだに分析されていなかった。

アクションしてください。

英語またはスペイン語で以下の当局への要請を盛り込んだ要請文を作成し、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 即刻、迅速に、過去数カ月間に起こった強制失踪と殺害について捜査すること。その際、行方不明者の捜索と、証拠集めを優先すること。
  • 被害者家族が希望する場合に、彼らを保護し、この事件に取り組んでいる人権活動家らの支援も行うこと。
  • 海軍に捜査協力をさせること、タマウリパス州ヌエヴォ・ラレドでの最近数カ月の活動情報を提出させること。

宛先
Acting Federal Attorney General 連邦司法長官
Alberto Elías Beltrán
Procurador General Interino
Rio Amazonas 43 Col. Cuauhtémoc, C.P. 06500. Ciudad de México, México.
Email:alberto.elias@pgr.gob.mx
Twitter:@AlbertoEBeltran
書き出し: Dear Acting Attorney

Minister of the Interior 内務大臣
Alfonso Navarrete Prida
Secretaría de Gobernación
Río Amazonas 91
Col. Renacimiento, C.P. 06500.
Ciudad de México, México
Email:secretario@segob.gob.mx
書き出し: Dear Minister

コピーの宛先
メキシコ合衆国大使館
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目15-1
特命全権大使カルロス・フェルナンド・アルマーダ・ロペス閣下
His Excellency Mr. Carlos Fernando ALMADA LÓPEZ

要請例文

Alberto Elías Beltrán
Procurador General Interino
Rio Amazonas 43 Col. Cuauhtémoc,
C.P. 06500. Ciudad de México,
México.
↑ここに宛先を記入

Dear Acting Attorney,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my grave concern for at least 33 missing people, who have disappeared between February and May 2018 in Nuevo Laredo, Tamaulipas State, and their family members.

Relatives of the victims are feeling that the investigation by the authorities is not efficient and the time is wasted. Most of the searches for disappeared people have been carried out by family members themselves, at great risk to their personal safety. A number of relatives or witnesses have received threats, and the human rights organization which is supporting the families has been constantly attacked on social media.

The testimonies of the witnesses indicate a possible involvement of the Mexican Navy in the disappearance. However, the Navy has not cooperated with the authorities on the investigation until now.

I call on you to urgently and rapidly investigate the disappearances and executions reported in recent months, giving priority to the search for the disappeared as well as the examination of evidence and field-based work.

I ask you to ensure protection for family members who request surveillance or other security measures, and public support for the human rights defenders involved in these cases.

I also urge you to call on the Mexican Navy to fully cooperate with all investigations and provide detailed information on their operations in recent months in Nuevo Laredo, Tamaulipas.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ