English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イラン: イラン:当局による犠牲者の墓地を破壊

イラン:
イラン:当局による犠牲者の墓地を破壊

最新情報:
2018年8月 1日
国名:
イラン
対象者:
アフワズ市在住の家族(男女)
期限:
2018年9月 6日
配信日:
2018年8月 1日
UA No:
140/2018

1980年代に当局に超法規的に処刑された反体制派の人びとの墓が、道路建設のために取り崩され、犠牲者の遺族は、悲しみとやり切れない思いにさいなまれている。苦情を申し立てても、迫害されるおそれがあり、口を閉ざすしかない。

イラン西部のフーゼスターン州の州都アフワズ市内の合同墓所には、1988年の大虐殺の犠牲者や80年代に当局に連行後、超法規的に処刑された男女が埋葬されている。当局は、この墓所を取り崩して、道路を建設する計画を進めている。

80年代前半、新生イラン・イスラム共和国になり、良心の囚人を含む数千人の反体制派の人びとを、裁判なしに、あるいは形だけの裁判で死刑を宣告し、処刑した。多くの場合、家族には遺体を引き渡さず、埋葬した場所に案内しただけだった。

7月20日以来、公開された写真やビデオによると、個人の墓やコンクリート製の墓地表示物が壊されているのがわかる。多くの墓は、今はがれきの下にある。「大通りと公園の建設中」という看板や「事業管理者アフワズ市」などの看板もある。

同市に住む犠牲者の遺族は、道路建設事業のことを昨年5月に初めて知った。アムネスティがイラン国外の人権擁護団体から得た情報によると、市当局者は当初、家族には、建設中の道路は墓地を通らないと約束した。しかし、家族らが今年7月20日に墓地を訪れると、墓はすでに壊されていた。その後、鉄条網で囲まれ、厳重に監視されているという。

当局は30年間、80年代の強制失踪や違法な処刑の説明責任を一切果たさず、真実を隠した。その挙句、家族による埋葬と追悼の権利も奪い、神聖な墓を破壊し、死者を冒涜し、いかなる批判や訴えも封じ込んできた。最愛だった亡き家族の墓地まで破壊された遺族の悲しみと怒りは、察して余りある。市民的および政治的権利に関する国際規約で禁じられている残酷、非人道的、品位を傷つける扱いだ。

アクションしてください。

英語またはペルシャ語で以下の当局への要請要旨を盛り込んだ要請文を作成し、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)のいずれで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 1980年代の大量虐殺被害者の墓や合同墓所の取り崩しを即刻、中止し、死者を尊厳をもって埋葬する遺族の権利を尊重すること。
  • 真実と正義と補償を求める家族に対する嫌がらせを止め、1980年代の強制失踪と違法殺害とその隠蔽について中立で徹底した効果的な犯罪捜査を行い、責任者を公正な裁判で裁くこと。その際死刑は避けること。
  • 合同墓所は犯行の証拠であり、個人を特定し死の状況を改め、さらに家族に遺体を返すための検死を徹底すること。

宛先
Mayor of Ahvaz アフワズ市長
Mansour Katanbaf
City Council, Amanieh street,
Sepah Avenue, Ahwaz, Iran
Telephone: (061) 3333 20 89
Email:info@ahvaz.ir
書き出し: Dear Mayor

Member of Parliament  国会議員
Dr. Homayoun Youssefi
Public Relations Office
Next to Office of Civil Registration
Shahid Modarres Street
Amaniyeh, Ahwaz, Iran
書き出し: Dear Dr.Youssefi

コピーの宛先:
駐日イラン・イスラム共和国大使館
〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目13-9
電話:03-3446-8011、03-3446-8015
臨時代理大使:ホセイン・ザンジャニ 公使参事官
書き出し: Mr. Hossein ZANJANI

要請例文

Mansour Katanbaf
City Council, Amanieh street,
Sepah Avenue, Ahwaz, Iran
↑ここに宛先を記入

Dear Mayor,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my grave concern for the families of political dissidents who have been forcibly disappeared and extrajudicially killed in Ahvaz, southern Iran, in the 1980s. They are suffering untold mental anguish and distress as the authorities are destroying the individual and mass graves of their loved ones for constructing a boulevard and a park. The authorities are denying families the right to receive and bury the remains of their loved ones according to their traditions, desecrating the grave site by turning it into a rubbish dump, forbidding mourning rituals, and cracking down on any critical public discussion about the killings. These acts amount a form of torture or other cruel, inhuman and degrading treatment against the families, prohibited under the International Covenant on Civil and Political Rights.

I urge you to immediately stop the destruction of individual and mass graves belonging to the victims of the mass killings of 1980s and respect families’ right to bury their relatives in dignity.

I call on you to stop the harassment of families seeking truth, justice and reparation, and conduct a thorough, independent and effective criminal investigation of the enforced disappearances and extrajudicial killings of 1980s, including efforts to cover up the crimes, and bring to justice those suspected of criminal responsibility in fair trials, without recourse to the death penalty.

Please recognize that mass graves are crime scenes that require forensic expertise to undertake exhumations to determine the identity of the remains and the circumstances of what happened and enable families to receive the remains of their loved ones.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ