English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ロシア連邦: ロシア:ジャーナリスト、「テロ正当化」の容疑を受ける

ロシア連邦:
ロシア:ジャーナリスト、「テロ正当化」の容疑を受ける

最新情報:
2018年8月22日
国名:
ロシア連邦
対象者:
ヴィクトル・コルブ(男性)
期限:
2018年9月12日
配信日:
2018年8月22日
UA No:
142/2018

人権擁護活動家でジャーナリストのヴィクトル・コルブさんは、支援する人物の最後の弁明をブログに掲載し、公然とテロを正当化した容疑で起訴された。この起訴は、直ちに取り下げられるべきだ。

コルブさんが支援するのは、ジャーナリストのボリス・ストマキンさん。ストマキンさんは2015年4月、急進的な内容のブログを書き、公然とテロを正当化した罪で有罪になった。地元の人権擁護活動家の多くは、ストマキンさんの容疑は、十分に立証されておらず、刑そのものも重すぎると見ていた。

コルブさんは、ストマキンさんの釈放を求める活動を始めた。その一環で2015年4月、ウェブサイトPatriofil.ruに、「2013年のヴォルゴグラードでのテロは正当だ」とするストマキンさんの最後の弁明を載せた。コルブさんは、弁明を引用しただけで、自身が賛成か反対かは書かなかった。

5月16日、捜査委員会は、「テロ活動を公衆に呼び掛け、テロを正当化あるいはテロのプロパガンダを広めた」容疑でコルブさんの捜査を開始した。有罪になれば、最高7年の実刑に処せられる。2日後、警察は、シベリアの都市オムスクのコルブさん宅を家宅捜索し、家族全員のパソコンと、ハードディスクを押収した。数日後、コルブさんは、オムスクを離れないよう指示され、家族を含め、全員の銀行口座が使用できなくなった。

6月17日、コルブさんは、ロシア検察庁に「捜査は違法だ」と申し立てた。また、「報道活動や人権擁護活動に対して地方当局から報復を受けるおそれがある。連邦レベルで記事掲載の合法性を検証して欲しい」と要望した。しかし、申し立ては、オムスク検察庁に送られた。現在、この地元の検察庁で検討されている。

コルブさんが行ったような他人の主張の引用は、内容に関わらず表現の自由の範囲内だ。ロシアは、国際基準に則り、社会問題について意見を述べ、市民の意見を伝えるジャーナリストの役割を保障しなければならない。

アクションしてください。

英語またはロシア語で以下の当局への要請を盛り込んだ要請文を作成し、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)のいずれで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • ヴィクトル・コルブさんはジャーナリストとして、また人権擁護活動家として、平和的に表現の自由の権利を行使しただけなので、即刻無条件で彼への起訴を取り下げること。

宛先
Prosecutor General of the Russian Federation ロシア連邦検事総長
Yuriy Yakovlevich Chaika
Prosecutor General’s Office
ul. B. Dmitrovka, dom 15a
Moscow GSP- 3, 125993, Russia
Fax: +7 495 987 58 41 / +7 495 692 17 25
書き出し: Dear Prosecutor General

Chairman of the Investigation Committee 捜査委員会委員長
Aleksandr Ivanovich Bastrykin
Investigation Committee of the Russian Federation
Tekhnicheskii pereulok, dom 2
Moscow, 105005, Russia
Fax: +7 495 966 97 76
書き出し: Dear Chairman

コピーの宛先:
Human Rights Ombudsman of the Russian Federation ロシア連邦人権オンブズマン
Tatiana Nikolaevna Moskalkova
ul. Miasnitskaia, dom 47
Moscow, 101000, Russia
Fax: +7 495 607 74 70 / +7 495 607 39 77 (to check if fax is received: +7 495 607 18 54)
書き出し: Dear Ombudsman

要請例文

Yuriy Yakovlevich Chaika
Prosecutor General’s Office
ul. B. Dmitrovka, dom 15a
Moscow GSP- 3, 125993, Russia
↑ここに宛先を記入

Dear Prosecutor General,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my grave concern for the journalist and human rights defender, Victor Korb, who is being prosecuted for “public justification of terrorism” on account of publishing the last plea of the person he defends. He quoted the view of Boris Stomakhin, who was convicted for “public justification of terrorism” in 2015, on his website.

I urge you to immediately drop the charges against Victor Korb as he is being prosecuted solely for the peaceful exercise of his right to freedom of expression as a journalist and human rights defender.

In accordance with its international obligations, Russia must ensure that journalists can carry out their function of commenting on public issues, informing public opinion, and conveying information and ideas without threats, harassment or intimidation, and are not prosecuted for expressing views that do not constitute incitement to violence.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ