English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ウガンダ: ウガンダ:野党政治家の容疑を取り消せ

ウガンダ:
ウガンダ:野党政治家の容疑を取り消せ

最新情報:
2018年8月30日
国名:
ウガンダ
対象者:
ロバート・キャグラニー(男性)
期限:
2018年9月28日
配信日:
2018年8月30日
UA No:
154/2018

ボビ・ワインさん(本名ロバート・キャグラニー)が、8月14日、銃と弾薬を違法に所持したとして逮捕された。顔と体に傷があり、腫れあがっており、取り調べで暴行を受けたことは明らかだった。

ボビ・ワインさんが逮捕されたのは、8月13日にウガンダ北部のアルアで与党と野党の支持者同士が衝突した翌日だ。警察によると、彼が泊まっていたホテルの部屋で、未登録の銃があったという。弁護士と彼の妻、ホテル側は、警察の説明を否定した。しかしその後、銃と実弾の不法所持の容疑で起訴された。彼は8月23日まで収監された。

弁護士によれば、出廷した彼の顔や体には、腫れと傷があり、暴行を受けたのは明らかだとのことだった。勾留中に面会していた妻も、夫の眼や顔や耳に傷や腫れがあり、歩くことも座ることもできず、椅子に横たわって会話をしたという。

アムネスティは、彼が集会と結社の自由の権利を行使しただけで拘束された「良心の囚人」とみなしている。

もっと読む

追加情報

警察の説明によれば、アルア県議会の補欠選挙期間の最終日、8月13日に与党と野党のそれぞれの支持者の間で衝突が起こり、警察が鎮圧に乗り出した。その時、ボビ・ワインさんの運転手が、銃弾を受けて死亡した。

別の野党議員も逮捕され、どこかに 連行された。4日後、病院に入院していることが分かり、人権委員会の委員長がその議員と面会した。議員は、体のあちこちに傷があり、現在集中治療室で治療を受けているということだった。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • 集会と結社の自由の権利を平和的に行使しただけで拘束された良心の囚人であるボビ・ワインさんを、即時かつ無条件に釈放する。
  • ボビ・ワインさんを拷問や虐待を受けないようにし、弁護士や家族と自由に連絡を取り、必要な医療が受けられるようにする。
  • 勾留中に拷問や虐待を受けたという申し立てに対し、迅速、公正、効果的な捜査を行い、その結果を公表するよう求め、暴行を加えた者を国際基準に沿った手続きで裁く。

宛先
President of Uganda ウガンダ大統領
Yoweri Museveni
State House Office
Entebbe
P.O. Box 25497
Kampala, Uganda
Fax: +256414235462
Email: molly.kamukama@statehouse.go.ug
書き出し: His Excellency

Minister of Defence 国防相
Adolf Mwesige
Mbuya
Chwa II
P.O. Box 3798
Kampala, Uganda
Fax: +256414222812
Email:mod.ps@defence.go.ug
書き出し: Honourable

コピー宛先
駐日ウガンダ共和国大使館
〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町9-23
特命全権大使:ベティ・グレース・アケチーオクロ閣下
Her Excellency Mrs. Betty Grace AKECH-OKULLO

要請例文

Yoweri Museveni
President of Uganda
State House Office
Entebbe
P.O Box 25497
Kampala, Uganda
↑ここに宛先を記入

His Excellency,
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on Robert Kyagulanyi, also known as Bobi Wine, a Ugandan singer turned politician, who was arrested and later charged with unlawful possession of firearms and ammunition on 16 August. While being arrested, he was physically assaulted with visible injuries and swelling on his face and body. According to security officers, they found unregistered firearms in his hotel room. However, his lawyers, his wife and the hotel management refute these allegations.

His lawyer said in court, Robert Kyagulanyi showed visible signs of torture and other ill-treatment with injuries and swellings on his face and body. According to his wife, who saw him on 17 August, his eyes were swollen and inside his sockets, his face and ears were wounded and he had to be dragged by two soldiers to see her. He was unable to sit and was stretched out on the chair to converse with them.

Amnesty International considers him to be a prisoner of conscience, held solely for peacefully exercising his right to freedom of assembly and associationSo I urge you to immediately and unconditionally release Robert Kyagulanyi, a prisoner of conscience held solely for exercising his right of assembly and association.

I also urge you to ensure that Robert Kyagulanyi is protected from torture and other ill-treatment and has regular access to his family, lawyers of his choosing and any medical treatment he requires.

The last but not the least, I urge you to promptly, impartially and effectively investigate all allegations of torture and other ill-treatment in detention, make the findings of the investigation public, and bring those found culpable to justice in proceedings that meet international fair trial standards without recourse to the death penalty.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ