English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. インドネシア: インドネシア:「モスクの音が大きい」で有罪は不当

インドネシア:
インドネシア:「モスクの音が大きい」で有罪は不当

最新情報:
2018年9月 2日
国名:
インドネシア
対象者:
メリアナ(女性)
期限:
2018年10月10日
配信日:
2018年9月 2日
UA No:
161/2018

華僑の仏教徒メリアナさんは、近所のモスクの音量が大きいことに愚痴を言っただけで、宗教を冒涜したとして告発され、実刑18ヵ月の有罪判決を受けた。アムネスティは、表現と宗教の自由の権利を行使しただけで収監されれば、メリアナさんを「良心の囚人」とみなし、即時無条件釈放を求める。

2016年7月、メリアナさんは隣人に、「モスクから流れる祈りの音が、最近、大きすぎる」とグチを漏らした。この会話が町中に間違って伝わり、「祈りの呼びかけに異議を唱えた」との批判を浴びた。その後、警察に通報され、22日間勾留後、釈放された。

そして、メリアナさんは、今年5月に改めて宗教冒涜の容疑で起訴され、禁錮18カ月の実刑判決を受けた。8月27日、メリアナさん側は、控訴した。

イスラム教徒が世界で最も多いインドネシアでは、冒涜法が、表現と宗教の自由の抑圧にしばしば利用される。今年8月までに、冒涜罪で有罪になったのは、メリアナさんで5人目だった。

アクションしてください。

英語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • メリアナさんを含む冒涜罪で有罪判決を受けた人たちを、即時無条件に釈放すること。
  • メリアナさんと家族が、暴力や脅しを受けないように適切な保護をうけられるようにする。
  • 冒涜罪は、表現、思想、信教の自由の権利を侵害するものであるため、国内法や各種規定が定める全ての冒涜規定を廃止あるいは修正する。

宛先
Ministry of Law and Human Rights (法と人権大臣)
Minister Yasonna Laoly
Ministry of Law and Human Rights
Jalan H.R. Rasuna Said Kav 6-7
Jakarta Selatan, DKI Jakarta
Indonesia 12940
Fax: +62 (0)21 525 3004
Email:rohumas@kemenkumham.go.id
書き出し: Dear Minister

The Head of Judicial Commission
Prof. Dr. Aidul Fitriciada Azhari
Judicial Commission
Jalan Kramat Raya No. 57
Jakarta Pusat, DKI Jakarta
Indonesia 10450
Fax: +62 (0)21 390 6215
Email:kyri@komisiyudisial.go.id
書き出し: Dear Mr.

コピー宛先
インドネシア共和国大使館
〒141-0022 東京都品川区東五反田5丁目2-9
電話:03-3441-4201
特命全権大使:アリフィン・タスリフ 閣下
His Excellency Mr. Arifin TASRIF

要請例文

Minister Yasonna Laoly
Ministry of Law and Human Rights
Jalan H.R. Rasuna Said Kav 6-7
Jakarta Selatan, DKI Jakarta
Indonesia 12940
↑ここに宛先を記入

Dear Minister;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on Meliana who was convicted of blasphemy and sentenced to 18 months in prison by the Medan District Court in North Sumatra Province on 21 August 2018. She had been arrested and detained on 30 May and later charged with blasphemy under Article 156(a) of Indonesia’s Criminal Code.

Meliana was accused of “insulting Islam” for her complaint two years earlier about the loudspeaker volume of a mosque near her house in Tanjung Balai City, North Sumatra Province. On the morning of 22 July 2016, Meliana told a neighbour that, for the last eight years, the sound of a nearby mosque was becoming too loud. Her statement was later misinterpreted by many people in the city and she was accused of expressing objection to the call for prayer (adzan) from the mosque.

I should call authorities to immediately and unconditionally release Meliana and all other individuals who have been convicted of blasphemy.

She and her family should be given effective protection from violence or threats of violence.

I would also request authorities to repeal or amend all blasphemy provisions set out in laws and regulations which violate the rights to freedom of expression and of thought, conscience and religion.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ