1. ホーム
  2. ヒューマンライツコミュニティ
  3. イベント報告
  4. 【イベント報告】富山刑務所を参観しました

人権の「今」がわかるニュース

イベント報告【イベント報告】富山刑務所を参観しました

2017年11月22日、富山刑務所を7名で参観しました。高倉健さん主演の映画『あなたへ』のロケ地になったことや、お神輿を製造・修理していることなどで有名な刑務所です。

参観した日は、刑務所から雪の積もった剣岳(つるぎだけ)がきれいに見えました。冬はよくきれいに見えるそうです。国内人権ネットワークのメンバーの小谷が報告します。

まず、富山刑務所制作のビデオを10分拝見した後、すぐに刑務所内の施設見学に移りました。時期的なこともあり、インフルエンザ対策でマスクを着用しての見学となりました。

施設見学では、ミシンを使っている工場、ハンガーや洗濯ハサミを作っている工場、お神輿を作っている工場などを、実際に作業している間を通り見学しました。また、食堂メニューや体育館(高倉健さんのサインが飾ってありました)、共同室と個室も見学しました。

冬は雪が積もるので体育館の利用者が多いそうです。しかし暖房はなく、毛布の配付のみのようです。お金のある人はカイロを購入できるそうですが、雪の多い地域の古い刑務所は、職員も被収容者も寒くて大変だなと思いました。富山刑務所では、刑務所を出所しても社会に適応しやすいように8時間労働を導入している工場もあるそうです。

施設見学後は会議室に戻り、庶務部長から1時間ほど概況の説明と事前質問への回答、質疑応答の時間をいただきました。

定員523人で入所者数360人、60歳以上が59人、最高齢は80歳というお話でした。また繰り返し18回も刑務所を出たり入ったりしている人がいるという話もありました。

こちらからの質問と回答は下記の通りです。

  • 平日(月~金曜日)は仕事や運動の時間があるが、休日(土・日曜)はそうした時間がないので、共同室で48時間ずっと他人と一緒というのはストレスがたまるのではないか。
    →土・日曜は職員数が少ないので仕方がない。新しく建てられる施設は個室が中心なところが多い。
     
  • 仮釈放や満期出所の際に、職員が出所者を更生施設まで送ったり、更生施設の人に迎えにきてもらったりできるのか。
    →刑務所が関われるのは刑務所を出るところまで
     
  • 職員の有給休暇取得日数が平均12日というのは素晴らしいが何か秘訣があるのか。
    →政府のワークライフバランスを取る政策で刑務所も変わった。政府の方針が大きい。

刑務所職員の人権も大切だと考えているので有給休暇取得日数が増えてきたのは、いいことだと思いました。お神輿は300万円以上するので購入は無理ですが、ハッピを買おうと思っていたので、刑務所製品の展示施設が閉まっていたことが少しだけ残念でした。

富山刑務所の皆さま、丁寧に施設の案内や説明をしてくださり、また、会議室にストーブを入れてくださるなどのお心遣いを、ありがとうございました。

実施日 2017年11月22日(水)
場所 富山刑務所
主催 アムネスティ日本 国内人権ネット

ヒューマンライツ・サポーターになりませんか?

 

このページの先頭へ戻る

今、必要なアクション

ニュースレターを無料でお届け!

メルマガに登録する(毎週木曜・無料配信)