1. ホーム
  2. ヒューマンライツコミュニティ
  3. イベント報告
  4. 【イベント報告】名古屋少年鑑別所を参観しました

人権の「今」がわかるニュース

イベント報告【イベント報告】名古屋少年鑑別所を参観しました

2018年2月27日(火)に名古屋少年鑑別所を18名で参観しました。鑑別所までは、名古屋の名鉄バスセンターからバスで古出来駅で下車し、約10分歩きました。アムネスティ日本 国内人権ネットのコーディネーター、小谷が報告します。

最初に会議室で少年鑑別所の説明をお伺いし、事前に提出した質問の回答を口頭でいただきました。その後、法務少年支援センターの相談室、運動場、個室、共同室(4人部屋)、多目的ホールなどを見学しました。

法務少年支援センターは少年鑑別所とは入口が別のところが多いのですが、名古屋少年鑑別所は入口が別になっていないのが少し気になりました。

多目的ホールでは被収容者の書き初めが展示してありました。また、ヨガの時間もあるそうで、講師はボランティアではなくきちんと謝礼を払っているそうです。

見学を終え、会議室に戻り質疑応答の時間がありました。

Q. 鑑別所を出所した少年から鑑別所に連絡があるか?
A. めったにない

Q. 外国の少年の対応は?
A. 最近、日本語を話さない少年が二人入所したが、家庭裁判所に登録している通訳に通訳を依頼した

Q. 食事の配慮は?
弁当を購入している。アレルギーがあれば事前に聞いて対応、宗教上の理由の食事は今のところない

また参加者から「IQの低い少年、障害の可能性がある少年の場合は鑑定書等で障害手帳の取得や未成年後見人、成年後見人の制度の利用が鑑別所からすすめられているか」という質問と意見があり、「今後の検討課題とさせてください」という回答をいただきました。

今回は、大阪少年鑑別所、神戸少年鑑別所、東京少年鑑別所に続いて4カ所目の少年鑑別所の参観でした。丁寧に施設をご案内、またご説明していただき、ありがとうございました。

hrc_20180221_sankan.png

実施日 2018年2月27日(火)
場所 名古屋少年鑑別所
主催 アムネスティ日本 国内人権ネット

ヒューマンライツ・サポーターになりませんか?

 

このページの先頭へ戻る

今、必要なアクション

ニュースレターを無料でお届け!

メルマガに登録する(毎週木曜・無料配信)