1. ホーム
  2. ヒューマンライツコミュニティ
  3. イベント報告
  4. 【イベント報告】児童自立支援施設「明石学園」を参観しました

人権の「今」がわかるニュース

イベント報告【イベント報告】児童自立支援施設「明石学園」を参観しました

2018年6月27日(水)兵庫県の明石市にある児童自立支援施設の明石学園を11名で参観しました。明石学園は、明治42年に創立された歴史のある兵庫県立の児童自立支援施設です。国内人権ネットワークの小谷が報告します。

まず最初に、教育管理棟の会議室にて冊子「明石学園のあゆみ」をもとに園長の説明をお聞きしました。

小舎夫婦制

明石学園の運営方針は「小舎夫婦制」で、寮担当の職員は夫婦もしくは家族ぐるみで寮舎に住み込み、児童の自立支援に取り組んでいます。退園した人が寮に面会に来るそうで、人間関係の濃密さがうかがえました。

「交代制だと職員によって対応が変わるので入所者が混乱します。『小舎夫婦制』は、仕事は大変ですが、一方が厳しく叱って一方がフォローする、など補いあうことができます。」とおっしゃっていました。

児童自立支援施設は、これまでは「小舎夫婦制」が中心でしたが、成り手不足で交代制が主流となり、「小舎夫婦制」は3割をきったそうです。ちなみに、明石学園の入所者は、家庭裁判所の判断での入所が3割、児童相談所の判断での入所が7割とのことでした。

分校制

続いて、2階で勉強をしていた小学生1クラス、中学生2クラスの授業を廊下から見学しました。中学生は英語と数学を勉強していました。以前見学した同じ児童自立支援施設である「愛知学園」は本校制ですが、明石学園は分校制です。卒業する時は地元の小学校や中学校に戻って卒業します。

事前質問

会議室に戻って事前質問の回答をいただきました。参観時の入所者は47名、入園理由は窃盗、恐喝暴力、性的非行、家出浮浪、施設不適応、怠学、親子関係不良など。性的マイノリティは現在は入所依頼はありませんが、今後の課題とのことでした。外国人の児童が過去におり、日本語の家庭教師を依頼したとのことでした。

入浴は、1人で交替で毎日、時間は10分~15分。育児放棄されていて体の洗い方がわからない児童もいて、体の洗い方から教える必要があるそうです。

就労支援として中学3年の就職希望者を対象に就労実習を実施。園内には中学卒業者が数名いて、学園内の就労実習や学園外でのアルバイト就労などを行っています。

土日は勝手に外出禁止。手紙は親、兄弟、祖父母、学校の先生や児童相談所のケースワーカーからのみ受け付け、第三者からの手紙は認めていないそうです。ただし、保護者の要望があれば第三者からの通信を認める場合もあるとのことでした。

常勤の医師はおらず、夜間休日診療の当番医が診察にあたるそうです。また、周辺には医療機関が充実しています。明石学園では寮で職員が犬を飼っていたりして動物とふれあう機会は多いそうです。

寮の見学

続いて、男性は男子寮を、女性は女子寮と男子寮を別々に見学しました。学校が14時半までで、入所者の人たちは野球や陶芸などのクラブ活動に取り組んでいました。彼らとすれ違う度に、また目があう度に、大きな声で「こんにちは」と挨拶をされ、とてもにぎやかでした。私は女子寮は見学できませんでしたが、女子寮を見学された人の話によると、女子寮は男子寮よりきれいに片付いていたそうです。

また、インターンの学生を受け入れていたり、陶芸講師などは外部に依頼したりしていて、施設内に外部の目があることもいいことだと思いました。インターンの学生が寮の職員になることもあるそうです。

質疑応答

最後は会議室に戻って質疑応答でした。兵庫県立なのに大阪府や京都府など他府県の入所者がいるのは、同じ事件の少年や兄弟の入所者を引き離して別の施設に入れるためだそうです。

少年院からの児童の受け入れは、園長が明石学園にきてから約3年の間には無いそうです。性的犯罪の加害者もしくは被害者には児童相談所の判断でカウンセリングや治療なども行っています。

買い物訓練では、月に1回1,000円が支給され、1軒だけでなく数軒店を回ります、古本、お菓子、文房具などが人気です。土日は原則外出禁止です。

最後に

参観の10日前に、明石学園の寮担当の職員が入所者に馬乗りになって暴力をふるう事件があり、明石学園の悪いニュースが新聞に掲載されてしまいました。

お話を聞いていた会議室の後方に入所者の野鳥観察の絵がたくさん飾られていました。野鳥観察が趣味の職員がいて野鳥観察が重点的に取り組まれているそうです。

明石に住んでいるアムネスティ会員の人でも児童自立支援施設の明石学園のことは参観の話があるまで知らなかったそうです。悪いニュースだけでなく、日常的な施設の情報を知ることが大切だと感じました。施設の外と中の、心と知識の壁を低くしていきたいです。

わからないことがたくさんあり、参観者もたくさんの質問があって、参観の約束の2時間では足りないと実感しました。丁寧に園内を案内していただき、説明や回答をいただいた明石学園のみなさま、ありがとうございました。

児童自立支援施設「明石学園」参観

実施日 2018年6月27日(水)
場所 児童自立支援施設「明石学園」
主催 アムネスティ日本 国内人権ネット

ヒューマンライツ・サポーターになりませんか?

 

このページの先頭へ戻る

今、必要なアクション

ニュースレターを無料でお届け!

メルマガに登録する(毎週木曜・無料配信)