English

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. 世界の人権問題(国・地域)
  4. ミャンマー(ビルマ)

国・地域:
ミャンマー(ビルマ)

ミャンマー(ビルマ) ミャンマー(ビルマ)

基本情報

国名 ミャンマー(ビルマ)連邦共和国
REPUBLIC OF THE UNION OF MYANMAR
国家元首 ティンチョー

人権をめぐる、2017年の動き

人権状況は、著しく悪化した。数十万人ものロヒンギャの人びとが、ラカイン州での人道に対する罪から逃れるために隣国のバングラデシュへ避難した。州内に留まった住民は、人種隔離政策的な差別の中での過酷な生活を強いられた。軍は、国際人道法の違反行為を繰り返した。政府は、国連や人道支援団体の活動を引き続き制限した。宗教に対する不寛容と反イスラムの意識が、強まった。人権を侵害しても罪に問われない状況が続いた。

背景

3月、国家顧問のアウンサンスーチーが主導する文民政権が発足して1年が経った。経済改革は進まず、何十年にも渡る武力衝突を終結に向けた和平交渉も進展しなかった。軍は、強大な政治的権力を維持し、文民の監視を受けることもなかった。10月6日、ミャンマーは経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約を批准した(効力を発したのは翌年1月6日より)。

アムネスティ・レポート 2017/2018より

関連アクション

関連ニュース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ