English

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. 世界の人権問題(国・地域)
  4. レバノン

国・地域:
レバノン

レバノン レバノン

基本情報

国  名 レバノン共和国
REPUBLIC OF LEBANON
国家元首 大統領 ミシェル・アウン(10月就任)
政府首班 首相 サアド・ハリーリ(12月にタンマーム・サラーム首相から交代)

人権をめぐる、2016年の動き

人権をめぐる状況は終始、隣国のシリアの紛争の影響を受けた。100万人以上のシリア難民を受け入れたが、当局は庇護を受ける権利を厳しく制限し、シリアからの難民に対して国境の事実上の封鎖を維持した。ほとんどの難民が、経済的に極めて困難な状況に置かれた。女性は法律上でも実生活上でも差別を受け、性的暴行などに対する保護も不十分だった。海外からの出稼ぎ労働者は、搾取され人権侵害を受けた。1975年から1990年の内戦中に数千人が行方不明になったが、当局は消息の調査になんの措置も講じなかった。長期にわたってレバノンに滞在するパレスチナ人難民は、依然として差別を受けた。国内人権機関設置のための新たな法律が議会で可決された。裁判では複数の死刑判決が下されたが、執行はなかった。

アムネスティ・レポート 2016/2017より

関連ニュース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ