English

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. 世界の人権問題(トピック)
  4. LGBTと人権

LGBTと人権

LGBTと人権

アムネスティは、性的指向(セクシュアル・オリエンテーション)や性自認(ジェンダー・アイデンティティ)に関わらず、全ての人びとが世界人権宣言に記されている全ての権利を享受すべきであると主張します。

世界中で、ある人の性的指向や性自認が大多数を占める人びとと同じでない場合、その人は差別や虐待の対象とみなされることがよくあります。アムネスティは、このような性的指向と性自認に基づく人権侵害をなくすため、政府や、国際機関などへ要請文を送るなどの働きかけを行っています。また、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の人びとの権利のための活動している組織や活動家を支援しています。

LGBTとは(用語解説)

性的指向:いずれの性別を恋愛や性愛の対象とするかといった概念。
性自認:生物学的性に関わらず自分の性別をどう感じているか、といった自己の性別に関する認識。必ずしも男と女に分かれるものでもありません。

LGBTとは、
L(レズビアン=女性同性愛者)、
G(ゲイ=男性同性愛者)、
B(バイセクシュアル=両性愛者)、
T(トランスジェンダー=生まれたときの法的(生物学的)・社会的性別とは一致しない、または囚われない生き方を選ぶ人などを表現する包括的な言葉。一般的に性同一性障害も含む)の総称です。

「性的少数者」「性的マイノリティ」という言葉もLGBTと同様の意味合いで用いられています。

*性的指向や性自認に関して自らを表現するために人びとが使う言葉は様ざまです。このサイトでは、国際的な人権に関する議論の場でよく使用されている用語を用いています。人びとを一つのアイデンティティにまとめたり、固定したり、差別したり、また多様性を無視しようという意図はありません。

これだけは知っておきたい! LGBTの現状

関連アクション

関連ニュース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ