English

  1. ホーム
  2. 人権について学ぶ
  3. 世界の人権問題(トピック)
  4. 取調べの可視化

取調べの可視化

なぜ、取調べの可視化が必要なの?

topic_childrens_right_main01.jpg (C) ささめやゆき

いま、えん罪事件が日本社会で大きな問題になっています。

しかし、明らかになっているえん罪は、氷山の一角と言われており、それらの多くは、密室で行われる強引な取調べの中、「ウソの自白」によって引き起こされたものです。

えん罪が奪うのは、犠牲者の人生の貴重な時間だけでありません。仕事、家族、社会的信頼など、私たちにとってかけがえのないものを、えん罪はすべて無残に奪い去ります。

取調べのすべてを録音・録画する目的は、取調べを受けている人の権利を守り、「違法な取調べがなかったかどうか」を明らかにすることに他なりません。

いつかあなた自身が、事件に巻き込まれるかもしれません。無実を訴える事件の裁判員に、あなたが選ばれるかもしれません。

取調べの可視化は、他人事ではないのです。

もっと知りたい!理解するための3つのステップ

1.「タイホ」されるとどうなるの?

警察に逮捕されると、どうなるか知っていますか? 逮捕後の流れを知っている人は、意外に多くありません。ここではまず、逮捕後のおおまかな流れと、現在の取り調べの問題点を見ていきます。

2.可視化に関するQ&A

次に、取調べの可視化に関する基礎的な事項を、Q&A形式で解説していきます。

3.可視化をめぐる近年の動き

最後に、取調べの可視化をめぐる近年の動向について、重要なポイントを中心に解説します。

日本の冤罪事件

日本で実際に起こった、または起きているえん罪事件の一例を取り上げます。

関連アクション

関連ニュース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ