私たちがめざすこと

すべての人は生まれながらにして、かけがえのない価値があり、奪うことのできない権利を持っています。

性的指向、性自認を理由に、個人が不当な扱いをされたり、不利益を被ったりするようなことは、決してあってはいけません。

そんな当たり前が法や制度できちんと保障され、一人ひとりが互いの違いを尊重し合う。

誰もが安心して、自分らしく、生きられる。そんな社会をつくるために、私たちは以下の実現を目指します。

1. 国や自治体で、性的指向や性自認を理由とした差別を禁止する法制度がつくられ、差別をなくすための具体策が講じられること。

2. 国や自治体の政策を変えるために、個人あるいは草の根で芽生えつつある運動がより一層強化されること。

「Love Beyond Genders」キャンペーンとは?

アムネスティ・インターナショナルのロゴ

「Love Beyond Genders」は、国際人権NGOアムネスティ・インターナショナルが行っているキャンペーンです。

アムネスティ・インターナショナルは、1961年に発足した世界最大の国際人権NGOです。人権侵害のない世の中を願う市民の輪は年々広がり、今や世界で700万人以上がアムネスティの運動に参加しています。国境を超えた自発的な市民運動が「自由、正義、そして平和の礎をもたらした」として、1977年にはノーベル平和賞を受賞しました。

ロゴに込められた想い

Love Beyond Gendersのロゴ

皆さんは、このロゴが何に見えますか?人の顔に見える人もいれば、ペンギンに見える人もいるかもしれません。

このロゴは、人と人が手をとり合っている姿と、向かい合って話をしている姿を表現しています。また、人が顔を背むけているようにも見えますよね。偏見が良い結果を生まないということも表しているのです。

無関心や無理解、偏見を乗り越え、互いの違いを認め合える多様な社会を目指そうというメッセージを込めています。

地域の活動団体とつながろう