English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. スーダン:国連軍配備の遅滞と妨害がダルフールの民間人の命を危機に晒している

スーダン:国連軍配備の遅滞と妨害がダルフールの民間人の命を危機に晒している

2007年12月17日
国・地域:スーダン
トピック:地域紛争
アムネスティ・インターナショナルは本日、16項目からなる、ダルフールの民間人の効果的な保護に関する課題を発表した。その中で、アムネスティは、スーダン政府と国際社会がこれまで平和維持活動を悩ませてきた妨害と先延ばしを即刻やめなければ、結果としてダルフールの人びとの生命をさらに危うくし、ダルフールにおける平和維持活動が失敗に終わることになると警告した。

「スーダン政府は依然としてアフリカ人以外の部隊の配備を妨害しており、軍用機の夜間飛行を禁止し、平和維持軍のための通信を妨害する権限があると主張し続けている」。

「これが継続すれば、これまでアフリカ連合と同じように国連の活動は束縛される。これは、国連、そして何よりもダルフールの人びとにとって、大変不幸なことになる」。アムネスティのアフリカ部部長アーウィン・ヴァン・デル・ボルト はそのように述べた。

「スーダン政府はダルフールの人びとの生命をもてあそんではならない。同国政府は、国連平和維持軍の配備については、明確に配備を承諾したはずである。そうである以上、その効果的な活動を可能にさせなくてはならない。そのためには、国連平和維持軍に対し目前の重要な任務遂行のために必要なあらゆる施設、人的資源、インフラを提供する必要がある」。

2008年1月1日に、国連軍(UNAMID)がアフリカ連合(AU)から平和維持活動を引き継ぐ予定である。AUはスーダン政府の執拗な規制に苦しまされてきた。

12月14日、スーダン政府は、何者かにより背中を撃たれたアフリカ連合の兵士の救助を遅らせた。アフリカ連合は、重傷の兵士を緊急救命措置のためハルツームに飛行機で運ぶ許可を得る交渉に3時間を要した。

「スーダン政府は、国際法の下、紛争中に負傷したものは誰であっても、その避難に助力するよう義務づけられている。スーダン政府が配備を遅らせようとしていることは危険な行為であり、全く受け入れがたいものである。UNAMIDは、派遣準備中のこの数週間のうちに、スーダン政府からこのような行為をやめるという保証を得るべきである」とヴァン・デル・ボルトは述べた。

「スーダン政府の妨害に加えて、国連を支える側であるはずの国際社会が平和維持活動に必要なヘリコプターの提供をこれまで拒否しているために、国連の努力は妨げられている」。ヴァン・デル・ボルト部長はそのように述べた

国連は効果的な平和維持活動を実行するには24機のヘリコプターが必要だとしているが、国連事務総長が欧州、米国、カナダ、その他各国の首脳へ直々に訴えたにもかかわらず、これまでただの1機も提供されていない。

「ダルフールで今まさにおきている悲劇に対し、国際社会は嘆くばかりで必要な装備を提供しようとしていない」。ヴァン・デル・ボルト部長はそのように述べた。

「平和維持軍がダルフールの民間人を守る任務を果たすために必要なヘリコプターをただの1機もすすんで提供しないことを考えると、ダルフールの苦難についての国際社会の苦悩はうわべだけのものでしかないように思われる」。

*アムネスティ・インターナショナルのダルフールにおける効果的な民間人保護に関する16の課題「もう時間がないーダルフール平和維持活動への課題」は以下からご覧になることができます。

http://www.amnesty.org/en/report/info/AFR54/065/2007

2007年12月17日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ