English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. イラン:良心の囚人の健康がイラン政府の意のままに

イラン:良心の囚人の健康がイラン政府の意のままに

2010年8月25日
国・地域:イラン
トピック:国際人権法
多くのジャーナリストやその他の良心の囚人が、重病であるにもかかわらず今もなお拘禁されている

マフムード・アハマディネジャド大統領が疑惑の残る再選を果たした後に行われたデモに対する大規模な弾圧の開始から1年経った今もなお、イラン国内の刑務所には100人を超す政治囚が非人道的かつ劣悪な状況で拘禁されている。適切な治療を受ける権利を始めとする彼らの最も基本的な権利が侵害されている。

人権団体であるアムネスティ・インターナショナルおよび国境なき記者団は、これらの政治囚が拘禁されている状況に激しい憤りを覚える。この劣悪な状況が彼らの肉体的・精神的健康に多大な影響を及ぼし、実際に多くの政治囚が病気にかかっている。治療拒否の目的は、政治囚およびその家族に圧力をかけることにある、と両人権団体は考えている。

「我々は、良心の囚人に対する恣意的な拘束および虐待を繰り返し非難する」とアムネスティ・インターナショナルと国境なき記者団は述べた。「合法的な報道活動を行ったがために、あるいは表現、結社および集会の自由という権利を行使したがために逮捕された人びとは即時に、そして無条件に釈放されるべきである」

家族や公式の報道からの情報によると、過去1年間に多くの良心の囚人が様ざまな刑務所、特にエビン刑務所やレジャイ・シャハール刑務所で、心臓発作を起こしたり、その他の心臓の病気にかかっている。拘禁者の中には、徐々に健康を悪化させている者もいる。しかしながら、病気にかかった囚人が刑務所外でしか受けることができない緊急治療を必要とし、刑務所の医師自身もその必要性を認めている場合でも、刑務所当局はこういった囚人を病院に搬送することを拒否している。

「当局には、被拘禁者全員の健康と安全に対する責任がある」とアムネスティ・インターナショナルと国境なき記者団は述べた。「当局は、被拘禁者に対して適切な治療へのアクセスを、必要であれば刑務所外であっても、提供する義務がある」

収容施設を管轄する司法機関が制定したイラン刑務所の内部規定によれば、刑務所職員には被拘禁者が必要とする治療を提供する義務がある。同規定の第102条および第103条には、「刑務所内の診療所で毎月検診を行うことを義務とする」こと、および「必要であれば、刑務所から病院へ被拘禁者を迅速に搬送しなければならない」ことが明記されている。さらに同規定には、重い病や不治の病にかかっている被拘禁者がいれば、事件を担当する裁判官が彼らの健康と安全に対する責任を持つ、とも記載されている。

イランが加盟する自由権規約によると、治療の拒否は、拷問及び残虐な、非人道的な又は品位を傷つける処遇の禁止に反している、とみなされる可能性がある。また社会権規約には、すべての者に到達可能な最高水準の身体及び精神の健康を享受する権利があることが保障されている。

さらに、国連の被拘禁者処遇最低基準規則には、被拘禁者がかかっている病気に特別な治療が必要であれば、専門の設備を持つ刑務所施設、あるいは一般の病院に搬送すべきである、と明記されている。

アムネスティ・インターナショナルおよび国境なき記者団は、イラン国内の良心の囚人を全員釈放することを求める。またイラン当局に対しては、その他の政治囚の裁判を、法の定めに基づき死刑を求刑することなく迅速に行うこと、そして適正手続きと見なされている国際基準を完全に遵守する手続きに従うことを強く求める。


アムネスティ・インターナショナルおよび国境なき記者団は、イラン当局に対し、下記の政治囚に適切な治療を迅速に行うことを要求する

Shiva Nazar Ahari (ナザラハリー・シーワ), Maoud Bastani(バスタにー・マスード), Ayatollah Sayed Hossein Kazemeyni Boroujerdi(カゼメイニボルジェー・サイェドホセイン), Amir Khosro Dalirsani(ダリーレスタニ・アミルホスロー), Gholam Koyhyar Goudarzi(グダルゼィ・ゴラムクーヤル), Nader Karimi Jouni(カリミジューニ・ナーデル), Mansour Ossanlu(マンスール・オサンル), Mohammad Sadegh Kaboudvand(カブードワンド・モハッマドサーデグ), Maoud Laassani (ラサーニ・マスード), Mojtaba Lotfi(ロトフィー・モジタバ), Mehdi Mahmoudian (マホムディヤン・メヘディー), Said Mantinpour (マティンプール・サエード), Aboulfazl Abdini (アベディーニ・アボルファズロ), Hamed Rouhinejad (ルーヒネジャード・ハメド), Issa Saharkhiz (サハルキーズ・エーサ), Ali Saremi (サレミー・アリ), Hengameh Shahidi (シャヒーディ・ヘンガメ), Behrouz Tavakkoli (タヴァッコリ・ベヘルーズ), Mejid Tavakolli (タヴァッコリ・マジード), Behrouz Javid Tehrani(ジャビードテヘラニ・ベヘルーズ), Ahmad Zaidabadi (ゼイダバディー・アフマド)

2010年7月16日
アムネスティ・インターナショナルおよび国境なき記者団共同声明

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ